--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第297話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ


第12回 月例ワークショップ

東京ユニプラなどのご案内はこちらへ





チョット中休み エッセイvol.123 

上手さは人の数だけある

~社交ダンスが上手くならない本当の理由(18)~


「社交ダンスが上手くならない本当の理由」

ジュンコ先生と、
ターン・プロ8年目、ジュンコさんとの対話、
長くなってしまいました。



ジュンコ先生
「ジュンコさん、聞いて良いかしら?
以前のジュンコさんのこと。
ダンスが上手くならなかった理由、改めて言うなら?」


ジュンコ
「今と、対比して?
うーん。
いっぱいあるけど、
ジュンコ先生に指摘を受けていたものは、
全部、当たっていたように思うわね。
(第3274話参照)
でもね、私にとって、
ダンスが上手くならなかった理由の一番は、
『ダンスが上手い』
という定義が違っていたことだと思う」


ジュンコ先生
『ダンスが上手い』という定義?
面白い意見ね。
以前は、どういう定義だったの?」


ジュンコ
「競技で勝てるダンス
外国人チャンピオンダンサーのダンスが、
その見本、だった」


ジュンコ先生
「今は?
外国人チャンピオンダンサーの
ダンスではなくなったの?」


ジュンコ
「ううん、それも、すごいし
『ダンスが上手い』一つだと思う。
でも、それだけではない。
『社交ダンスが上手い』にもいろいろ、ある。
ダンスって、その人の内面の現れだから。
踊る人の数だけ、ある」


ジュンコ先生
「なるほど」


ジュンコ
「もちろん、人体の特性上、
理にかなったいい動き、
というのは存在するだろうから
それは、学ぶ必要があるかもしれない。
他人と踊るから、
マナーやエチケット的な正しさも知る必要もある。
でも、最終的には、
やっぱ、踊る人の数だけ、あると思う」


ジュンコ先生
「面白いわね・・・でも、ジュンコさん、
どうしてそう思うようになったの?」


ジュンコ
「生徒さんのレッスンをしていて、
一人ひとりに、
『自分が目指すべき、上手さ』
つまり『自分なりの目標』って
あるものなんだな、が、わかってきたの。
その目標を、生徒さんと一緒に探すことが、
面白いなって思えるようにもなった。
なんて、いったらいいか、
『社交ダンスが上手い』って、
薄っぺらなものではないって。
先生側が、
薄っぺらなものを指して、
『はい、これが、上手いという見本です。
この通りやりなさい』なんて、
押し付けることは絶対にできないなって」


ジュンコ先生
「深いお話ね」


ジュンコ
「私の願いかもしれないけどね。
そして、ね、
その人の内面を殺してしまうようなこと、
気づきや感性を奪ってしまうような、
教え方、環境、仕組み・・そういったモロモロが、
『社交ダンスが上手くならない本当の理由』
であるように感じるわ」



ミニ・ミニ ボイス

フェスタのオープニング・ムービー撮影のご協力、
ありがとうございます。
モロモロの都合により、
出演者に偏りがでてしまうこと、ごめんなさいね。
ちなみに、ワタシ分が、
ちっとも上手くいかないよぉ(苦笑)

「ザ・チェンジ体験談」
(第3266話参照)
たくさんのご応募ありがとうございます。
フムフム、なるほど
良かったね〜
へぇ、そうなんだ・・etc

嬉しいです。
ありがたいです。

まだ、募集、続いてまーす。
よろしく!


      続く第3287話へ




Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3415-50e7b026

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。