初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第297話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

ウエイトという言葉

~ズバリ!ワンピースで踊るには!?~


さて、
ワンピースで踊るための、
アーム&ハンド・コンタクトを見直して見たのだが、
どうだったかな?

男性の左手と女性の右手・・・グリップだ。
男性の右手首と女性の左脇の下
女性の左手と男性の右腕
男性の右の手のひらと女性位の背中

ワンピース・ダンスのためには、
これら4つのコンタクトが、

均等にフィットする

ことを目指したいのだが、
さぁさ、どうかな?
できるかな?

それぞれのコンタクトを見直し、
ポイントをチェックしても、
「うーん、
二人のうち、どちらかが、
妥協しないと均等は無理」

または
「均等って感じが、イマイチわからない」
って方へ。

二人の中で、多分、あれが、
合っていないんだと思うんだ。
実を言えば、
そのあることをする方が先で
「アームのコンタクトが、均等にフィット」は、
その結果の症状に過ぎないとも言える。

つまり、そのあることが、できていることの方が
ワンピース・ダンスへの道は開けてくるもの。
言い換えれば、
そのあるものが、男女の間で、しっくり合ってくると
「あぁ〜良い感じで、
組めている!!」

となるんだよね。

さぁて、そのあるものとは、何だろう?

答えは、ウエイト

ウエイトって聞いたことあるかな?

「床を通して組みなさい」
「ウエイトで組みなさい」


他の言葉で言えば、

重み・・・かな。

「相手と、重みを合わせなさい」
なぁんてアドバイス、
コーチャーから受けたことあるかしら?
え?
その前に、
相手の重みなんて、どうやって感じるのですか?
ですって!?

OK
その辺り、ちょいとお話致しましょう。



ミニ・ミニ ボイス

“大阪”に戻ってまいりました。
あぁ、都会ダァって感じです。

そういえば・・・
空港の手荷物検査、
すべて、ひっかかりました。
原因は、2つ。
ペット・ボトル
と、
14センチ、ハイヒール

ペット・ボトルは、
中身を聞かれ、蓋を取って、
匂いの検査を受けました。
え?
中身?
もろみ酢でーす(笑)


      続く第3251話へ


Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3376-bedb217b