初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第297話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

脇下コンタクトはアイソレーション大事

~ズバリ!ワンピースで踊るには!?~


男性の右手首と女性の左脇の下
そして、
男性の右の手のひらと
女性の背中のコンタクトについて。

前回の続きでーす。


エレナ
「筋肉から力を出している女性には、
力みを感じる?」


ジュンコ先生
「ええ。

“肉”を感じる」


エレナ
「肉?」


ジュンコ先生
「そう。
しかもシーンとしている。
無音。

音がない感じ・・・これが、一番の問題ね」


エレナ
「息をしていなような感じですか?」


ジュンコ先生
「そうね。
伸びやかでない。
重い。
活力がない。
一言で、言えば、『踊る、気がない』


エレナ
「わぁぉ!?
えらいこと、だわ」


ジュンコ先生
「男性の、フレームに入った途端、

男性に気をとられる女性も多いわ。

男性に合わせようとして」


エレナ
「でも、男性に合わせないと、
ダメでしょ?」


ジュンコ先生
「自分を見失っては、元も子もないわ。
グリップが終わって、さぁ、踊るよ!という
最も、お互いの活力を感じたい
クライマックス・シーンだからね」


エレナ
「そうか・・・
もっとも気が充満していないとダメなのか。
相手に、気をとられている場合じゃないや(笑)
でもぉ〜
音が出ていないって、
感じは、なんとなくわかるのですが、
どうやったら、良い音が出るんだろう?」


ジュンコ先生
「アイソレーション、ね。
これが、まずは、とっても大事ね。

あばらと肩甲骨の分離ができていて、

スキマがあること


鎖骨とあばらも、同じように、
剥がれている方が良い。
それに、あばらの1本1本
脇の下も、
アイソレーションができていないと・・・」


エレナ
「脇の下のアイソレーション?」


ジュンコ先生
「そうよ。
脇の下に、手を突っ込んで、
マッサージ、やってみて」


エレナ
「ええっ!?
触ってみたこと、ないです。
(マッサージ開始)痛いです!」


ジュンコ先生
「詰まっている証拠よ(笑)
左の鎖骨下も揉んで、
肩甲骨も、回す・・・
そして、男性の右アームが入りやすいようにやや、
招き入れる感じを持つ。
『お願いします』って」


(エレナ、実践中)


ジュンコ先生
「ちょっと、組んでみましょうか?
あら、すごく良いわね!」


エレナ
「本当だ!
今まで、固まっていなんだ。
アイソレーション、大事ですね」



ミニ・ミニ ボイス

ホテル内で朝食中
「ジュンコ先生の後ろの席の人、アノ人やで」
と、ヒデ君。
「ノーメークやけど、声で、わかった」

ホテルの方々も、
尋常じゃない“もてなしフィーリング”
誰か、有名人?

「うん・・・」

ヒデ君が、芸能人の中で、
「最も会いたい!」と思っていた人、なんだそう。

先に退出したワタシたち、
レストラン前のソファーで、
かの人が出てくるのを待っていた。

「やっぱりそうや!」

ヒデ君、握手してもらってご機嫌。

「フワフワの手をしていた。
開運の手や」

さぁて、どなたでしょう?
ちなみに、ワタシは、
あまりよく知らない・・・(苦笑)


      続く第3246話へ




Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3371-cf1c5404