初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第297話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

床へのプレスでは、正しく「そわない」

~ズバリ!ワンピースで踊るには!?~


前回の続きです。

男性の右手首と女性の左脇の下
そして、
男性の右の手のひらと女性の背中のコンタクトだよ。


エレナ
「男性の右側コンタクトができる、できないは、

女性の力に負うことが多い

ということでしたが、
『あぁ、これはダメだ』と、いうような女性は、
どのような感じなのですか?」


ジュンコ先生
「男性の右手のひら、右脇ともに、
正しくしっくりとくる女性は、本当に少ない。
NGの原因も、実は、多岐に渡るの」


エレナ
「じゃあ、

コンタクト部分が悪いだけではない

のですね?」


ジュンコ先生
「もちろん。
いわば、女性の背中に出る症状なので、

立ち方、姿勢、すべてに関わりがあるわ」


エレナ
「そういえば、昔、
こんな風に言われた経験があります。
背中が浮いているから、組みにくいって。
で、
『もっと、床をプレスしなきゃ』


ジュンコ先生
「昔って、
まだ、エレナちゃんがビギナーの頃?」


エレナ
「そうです。
ボーッと、つっ立ったまんまだったからだと
思います(笑)」


ジュンコ先生
「ビギナー時代は、当然ね。
正しいシェイプを覚えていけば、
ちゃーんと男性の右手&手首に『そう』ようになる


エレナ
「じゃぁ、もう、できるようにならなきゃ。
正しいシェイプを仕入れます!」


ジュンコ先生
「いいわね。
男性の右手&手首に『そわない』女性は、
まず、
カラダが落ちている、
伸びやかなシェイプが出来ていない
この辺りの原因が多いんだけれど、

『床へのプレス』をすることで、

余計にカラダが落ちている女性が、

ものすごく多い


中には、
床を踏みながら、
カラダをストレッチすることで、
男性の右手&手首に『そう』女性もいるんだけど、
それは・・・別物なの」


エレナ
「別物?」


ジュンコ先生
「ええ。
シェイプの質が違う。
床からのエネルギーではなく、

筋肉自体から力を出しているから」


エレナ
「その・・・
筋肉から力を出している女性と、
床からのエネルギーでシェイプしている女性では、
見た目に違いがわかるのかな?」


ジュンコ先生
「(見た目は)似ている場合もあるわ。
でも、触れると、わかる。
男性の右手・右脇とのコネクト感覚が、
まったく違うから」


エレナ
「筋肉から力を出している女性には、
力みを感じる?」


ジュンコ先生
「ええ。
それに・・・“肉”を感じる」


エレナ
「肉?
おもしろーい。
脇肉ですか?」


ジュンコ先生
「いろいろね(笑)
というか、
シーンとしている。
無音。

音がない感じ・・・

これが、一番の問題ね」



ミニ・ミニ ボイス

ホテル庭の紅葉が、ものすごく綺麗です。
調和・美
ずーっと観ていられます。

ここに来ると直感が冴えるなぁ。 
お、
年末・年始のブログ記事の構想が、
湧いてきましたぞ。
こ、コワイ内容になるかも・・・!?


      続く第3245話へ






Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3370-600fbc78