--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第297話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

アイソレーションできていないと

グリップは固くなる


~ズバリ!ワンピースで踊るには!?~


男性の左手と女性の右手のコンタクト、

グリップについて。

前回の続きです。


エレナ
「今、自分でやっている感じ・・・
両手を握り合っていると、
かなり、カラダがしっかりとして、
氣が充満したような良い感じなのですが、
相手とグリップした時も一緒、なのですか?」


ジュンコ先生
「そうでありたいわね。
相手と組むことに“氣を取られず”ね」


エレナ
「自分のカラダが繋がらないとダメなのですね」


ジュンコ先生
「うーん、その『繋がる』ってところで、
実は、やばくなっているケースが多いのよね」


エレナ
「え?それはどういう?」


ジュンコ先生
「男性の左手、女性の右手、それぞれが、
良くない、ワンピース、

一体化になってしまっているの。

まんまで、グリップするから、
お互いに苦情が出る(笑)
固いってね。
特に、女性の右アームのつっぱりは、
良くないワンピースから生まれているわ」


エレナ
「と言うことは、もっと、
アイソレーション、

分離が必要だと?」


ジュンコ先生
「そうね。
これは、物理的なものでもあり、意識でもあるの。
例えば、エレナちゃん、グリップしてみようか・・・」


ジュンコ先生の右手、
エレナちゃんの左手で、グリップしている。
エレナちゃんは、男性役だ。


ジュンコ先生
「どんな感じ?」


エレナ
「わぁ〜きついです(苦笑)
グリップ自体は、固くないのですが、
腕が突っ張っているように感じます」


ジュンコ先生
「では、これでは?」


エレナ
「あ、柔らかくなりました」


ジュンコ先生
「これでは?」


エレナ
「もっと、良い感じです」


ジュンコ先生
「さぁ、これではどう?」


エレナ
「あぁ、しっくりします。
先生の、カラダの中や背中を感じます。
それに、私自身のインナーや背中も感じます」


ジュンコ先生
「良いわね。
1回目は、手首、ヒジを緩めたの。
2回目は、肩甲骨周辺のリキミをなくした
あばらと肩甲骨の間のスキマを感じたのよ」


エレナ
「すごい!
グリップしながらアイソレーション!!?
分離していっていたのですね」


ジュンコ先生
「まぁ、これは、
慣れないと難しいけれどね。
右手に至るまでの関節を一つひとつユルメル、
そして、
相手とコミュニケーションしようとしたの」


エレナ
「インナーや背中を感じたのは、
なぜでしょう?」


ジュンコ先生
「手を辿っていくと、
手首、ヒジ、肩甲骨、あばら、
そして、ほら
背骨にたどり着くでしょ。
この背骨を通し、脚とも繋がっている。
グリップが、背骨とつながれば、
脚ともつながることができる」


エレナ
「グリップした手を通し、脚の状況も
伝え合っているのですね?」


ジュンコ先生
「そうね。
最も良くないのは、
『はい、カラダをまとめて』
という良くないワンピースで、
グリップすること、こんな風に」


ジュンコ先生、グリップしてから
両足を広げ、シェイプを作って、
エレナの前にドーンと立つ。


エレナ
「いやダァ(笑)」



ミニ・ミニ ボイス

久しぶりに、結構、飲みました。
芋焼酎
白ワイン
寝る前には、
黒糖梅酒のミルク割りをいただきます。
人生、分岐点、感謝・・・

おっと、
本日、10プラだぁ。
大丈夫です。
いつものように、ブーランから開始です。

気をつけていらしてくださいね。


      続く第3239話へ





Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3364-fe2de2ab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。