初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第297話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ


第10回 月例ワークショップ

東京ユニプラなどのご案内はこちらへ





another point of view(別観点)vol.4 

ジュンコ・メソッド・コミュニケーション・スキル

~介護の世界にできること(2)~


では、
ジュンコ先生と Qさんの対談形式で、
話を進めてまいりましょ。
テーマは、

「ジュンコ・メソッド・

コミュニケーション・スキルが、

介護の世界にできること」



Q
「最初に、ジュンコ・メソッド・
コミュニケーション・スキルについて、
お伺いしたいのですが、これは、ジュンコ先生が、
社交ダンスを教授する中で
培われた(つちかわれた)ものなのですね」


ジュンコ先生
「ええ、そうね。
でも社交ダンスだけではない、
競技ダンスのエッセンスもふんだんに入っているわ。
もっと言えば、
ジュンコ・メソッド・コミュニケーション・スキルは、
社交ダンスだけでは不十分。
競技ダンススタイルを教授する中から
生まれたことにも意義があるの」


Q
「それは、社交ダンスと競技ダンスの違いに
意味があるようですが」


ジュンコ先生
「社交ダンスも競技ダンスも、

相手と組んで、音楽に乗って踊る

ための、高いコミュニケーション力を
要するという意味では一緒なんだけど、
競技スタイルは社交ダンス以上に
『美』が重要視される・・・
ここが大きなポイントね」


Q
「ということは、
ジュンコ・メソッド・
コミュニケーション・スキルにおいて、

美は欠かせない要素

ってことですね?」


ジュンコ先生
「ええそうね。

真善美という言葉があるでしょ?

真に正しく善いものって“美しい”と思うのよね」


Q
「その美とは、
見た目だけを指しているわけではない?」


ジュンコ先生
「もちろんよ。
二人で踊るダンスって、ホント、難しいの。
その中に、妥協しない美を求めることで、
人と人の関係の最も美しい在り方を
実践勉強できるものだと思っているわ」


Q
「具体的にはどういった勉強ですか?
一言では、難しいかもしれませんが」


ジュンコ先生
「別個のカラダとココロが真に、

協調しあう術(すべ)を、体得できる

・・・かな」


Q
「では、
『別個のカラダとココロが
真に協調しあう術(すべ)の体得』
の結果である
ジュンコ・メソッド・コミュニケーション・スキルと
介護の世界のつながりについて
お話をお願いしましょうか・・・」



ミニ・ミニ ボイス

ユニプラ、
熱気がすごくって、鏡が曇って、真っ白に。
練習時間から、本番さながらの真剣さでした。

音楽を楽しめるカラダ作りを徹底。
タンゴのビート表現、よくできました!
新しい仲間とも出会えて、感謝です。


      続く第3228話へ

Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3353-f9697fab