初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第297話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

歩行時の脊柱回旋

~回転できるカラダにナル~


「回転できるカラダにナル」

持つべき意識のポイント
その3は・・・

歩行時の脊柱回旋だ。

歩行については、
このブログにもさまざまな角度から
登場しているけどね。
こんな風にも言い表すことが、できるんだよね。

直立二足歩行は、
「脚で歩くのではなく、
脊柱を中心とする回旋運動することで歩く」

って意味、ワカルかな?

首の頚椎と腰の腰椎が同じ方向に向かって回旋する。
で、
胸の胸椎はその逆方向に回旋する。

この回旋パワーが、

肩や骨盤に伝わり、

歩行につながる


腕を振ったら、よくわかる感覚だ。
ダンス・テクで言うなら、
あの、CBMがそうだ。

言い換えれば、
歩行=回旋操作であるため
上手くいけば、

歩行する行為自体が、

回旋の訓練にナル


ってこと、よね。
(ただし、カラダの中がかなりほぐれないと、難しいが)

ちなみに、歩行時、正しくクルクル回旋するには、
脊柱を支持する筋肉強化も重要になって来る。
脊柱の安定に関わる筋肉を以下にあげておこう。

脊柱起立筋 
内腹斜筋  お腹の深いところにある筋肉
腸腰筋   背骨と太ももの大腿骨をつなぐ筋肉
大臀筋   骨盤を支持する筋肉

特に、
②の内腹斜筋は、
ソレ自体、回旋に関わる筋肉だ。

歩行時の脊柱回旋の早期成長を願うなら
3040話で紹介した

シェイク&クロス・ウォーク

がお勧めだ。

次回

「回転できるカラダにナル」

持つべき意識のポイント
その4に進もう。

その4は・・・
もう1つ歩行時のモンです。
胸椎の側屈!?



ミニ・ミニ ボイス

“10プラ”終了。
お疲れ様でした。

セレクト・ルンバ
セレクト・サンバ
コミュニケーション力アップで、
メッチャいい感じです。

思うに、社交(競技)ダンスのテクニックって、
非常に多彩なんだ。
ゴッチャにせず、
ちゃんと識別して訓練を積まないと、
上手くはならない。  

カタチも内容も両方アリの
進化系・ダンサーに、なってきましたね!
おめでとう。


      続く第3212話へ


Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3336-48d30600