初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第297話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




another point of view(別観点)vol.3 

意志に頼らず、行動する

~思い込み・プログラミングからの脱出・ガイド(37)~


ジュンコ先生
「ネガティブな思い込みを

外すための秘策

2つ目は、

行動するよ」


Q
「え〜!?
それが、秘策、ですか?
意味深ですね」


ジュンコ先生
「そうね。
ここでいう行動は、
『徹底して“今”の事実のみを、
ありのままに受け止める』

の延長にあるものなのよ」


Q
「それはどういうことですか?」


ジュンコ先生
「なんでもソウかも知れないけど、
知識を実践でヤルことは意外に難しいわ。
『徹底して、事実のみを、
ありのままに受け止める』
も、そう。
頭では、わかっていても、
実際のシーンになると、
『感情を介さず、
事実をまんま受け止めるなんて、無理です!』

という人がほとんどでしょうね」


Q
「あぁ、私も、よくあります。
『頭ではわかっているんだけど、
できないのよねぇ』

って。
で、自分の意志の弱さに、ガッカリするんです」


ジュンコ先生
「Qさん、大丈夫よ。
意志は、強くなくて構わない。
むしろ、

意志の力に頼らない方がいいのよ。

ヤル気も同じ。
これまた、
あまり当てにならないものと見た方が良いわ。
大事なのは、意志やヤル気ではない
行動、よ」


Q
「やっぱり、行動、ですか・・・」


ジュンコ先生
「そう。
どんなに大きな目標も、
小さな行動の積み重ねで、
達成に至るものなのよ」


Q
「『千里の道も一歩から』」


ジュンコ先生
「その通り!
どんなに固い意志を持っても、
ガンガンにヤル気になっても、
結局、行動に移さなかったら、
意味がないでしょ?」


Q
「確かに(苦笑)」


ジュンコ先生
「思い込みのプログラミングから、
脱出するためには、
『徹底して“今”の事実のみを、
ありのままに受け止める』

ことが良いと知った。
やろう!と、心に決めた。
そして、

本当に行動する。

これが非常に大事ね」


Q
「あぁ、そうか。
いくら良いことを知っても、
実際に行動に移さないことって、
多いですものね。
失敗してしまうことを恐れたり、
面倒になったり・・」


ジュンコ先生
「そうね。
で、その行動は、できるだけ、
小さなものが良いわ。
最初から、大きいと、
上手くいかないことが多いからね。
だから、まずは1歩だけ。
しかも、

具体的な行動が良いのよ・・・」



ミニ・ミニ ボイス

乾燥してきた。
加湿器の水の減り方が、ハンパない。
声、のどに氣をつけないといけない季節。

「教師として言わなければいけないこと」は、
つっかえず、飲み込まずに、
言葉にできるようになってきた。
そういう意味では、
のどは、少し強くなったはずだ。

激動の9月、10月・・
外見では、あまりわからないかもしれないけれど、
非常に変わった。

あとは、実行を、一つひとつやっていく・・・


      続く第3204話へ





Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3328-019d67f5