初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第297話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

広背筋とインナーマッスル

~ダンス・グレーゾーンを見直そう~


ラストは、

広背筋と、その下にあるインナーマッスルとの関係だ。

広背筋をめくったら出てくる深部筋肉って、
ダンサーにとって、
大切よ!てなものばかりなんだ。
いわば、背中にあるインナーマッスルだもんね。

知っておいて欲しい筋肉を2つ、
紹介しよう。

まずは、ブログにも登場したことのあるコレ!

下後鋸筋
(かこうきょきん 第1537話参照)

場所を確認しよう。
下部の肋骨・・・アバラの第9~12番目と、
背骨・・・胸椎第11番目~腰椎2番目にくっついている。
V字型で、
Vの真ん中のくぼみのところが、背骨にあたる。
アバラを“下向き&センター方向”に、
引っ張リ下ろしてくれる筋肉なので、
これがちゃーんと働いてくれると、
背中は、浮かなくなる。
広背筋・活用とともに、いや、その前に
是非とも、働いてちょーだい!てな筋肉なんだ。
広背筋を鍛える際に、
一緒に訓練することが、望ましい。
そのためには、各種、広背筋・訓練の際、

じっくり味わいながら行うこと。

深部意識、感じることが大事ってわけだ。
また、
この下後鋸筋も呼吸筋なため、
呼吸を伴ったエクササイズが良いね。

広背筋のインナーマッスルで、最も深部にあるのは、

多裂筋(たれつきん)だ。
(第305話参照)

これも、過去ブログで紹介したよね。

多裂筋は、
いわば、背骨をまとめ、
しなやかにしてくれる大事な筋肉。
これなくして、美・背中は得られない。

このほかにも、脊柱起立筋群、
最長筋などが、広背筋をめくると出てくる。
たーくさん、あるんだねぇ!
ソンナコンナが、
ぜーんぶ、広背筋とともに、

背中を綺麗に見せるデザイン筋だって、

知っておいて欲しいんだ。


      続く第3158話へ




Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3279-416a66da