初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第296話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ


第6回 月例ワークショップ

東京ユニプラなどのご案内はこちらへ





another point of view(別観点)vol.1 

姿勢・変遷

~美・姿勢への提言(17)~


another point of viewから、

ブログを読み始めましたという、
新しい読者の方々のために、
紹介をしておこう。

ワタシには、8歳年下のダンナ様がいる。
名前は、ヒデ君。
同じ“仕事”をしているため、
ほぼ1日一緒・・・と言いたいところだが、
お互い“激務”であり、
モロモロ事情もあり、で、自宅は別。
でも、スペシャル“仲良し”だ。

さて、そのヒデ君

“姿勢・変遷”が、スゴいんだ。

出会った頃、まだ、20代だったヒデ君
178センチで55キロ・・・
もう、ガリガリ、だった。
全体的に、とんがった印象。
特に気になったのは、
エネルギー体の弱さだった。
「足元が、ない!」
もちろん、肉体的なアシはあったが、
エネルギーレベルのアシがなかったのだ。

「実際の、アシも弱かったで。
サッカーで、よう、こけてたわ
(よく、こけていた)
アシがアカン分、ヘディングは得意。
地面にメッチャ近いところにあるボールでも、
ヘディングしてた(笑)」

BYヒデ

確かに“頭”はエネルギーが、高かった。
「すごく、求めている。
自分が、一体、ナニモノなのかを、
ナニをやるべきなのかを
知りたいと願っている・・・」


眼光するどく、切れモノって感じだったが、

「解決するべき問題」は、

アシ以外、随所に、現れていた。

ワタシは、
煙草と、今勤めている会社と、
付き合っている彼女が、
「問題解決の邪魔」をしていると感じた。
ヒデ君から、
大半のエネルギーを奪っていたのだ。

ワタシは、そのまんまをヒデ君に告げた。
なんと、ヒデ君、
すでに気づいていた、
どころか、
よーく、わかっているようだった。

「ずっと、逃げて来たけど、
もう、逃げ切れない」

と、直感した言う。

ワタシとホンキ付き合い始め、
すぐに、煙草をやめた。
10キロ肥えた。
そこから、
要らないところを削ったり、
イルモノは足したり・・
彼女と別れ、会社も辞めた。
そのたびに、ヒデ君の姿勢は変わった。

で・・・今に至る。
途中、ずーっと、
記録にとっておけば良かったなぁ(笑)
ホンマ、劇的なまでの変貌ぶり、だ。
弱わぁかったエネルギー体も、
随分、シッカリ、タフになった。
ごく最近、
本格的なメニューに添って、
姿勢の矯正に取り組むようになったため、
またまた、変わっていっている。

今、新たに創っている“軸”は、
「偽モン、もどき」ではなく、ホンモノだ。
このまんま上手く成長させていくことができれば、
ヒデ君が、
アンナにも求めていた“本当の自分”との出会い、
また、自分の

“真の居場所”に、たどり着くことは、可能だろう・・・

「ナニをするのか?
よりも
ナゼするのか?の方が大事。
そして、最も大事なのは、どうアルか?
ナニの為に、ナゼ、生きているのか?」


ことあるごとに、
ヒデ君に伝えて来たことだ。

さぁて、
今回のanother point of viewは、
一旦、コレにて完。

次回は、ナニをお届けしようかな。
あ、第3101話を見て
リクエストがあればどーぞ!



ミニ・ミニ ボイス

イヤイヤ、びっくり!
ユニプラ・・・背筋のスイング
上手くなって来たねぇ。
固めない
構えない
形を作らず、音楽に乗って楽しみながら、
どーやったら美しい・競技スタイルダンスが踊れるか!?
てな、超・難題に、挑戦して来たユニプラ
うーん、スゴい、成長!

しなやかに、おおらかに、たおやかに
・・・皆さん、ありがとう!


      続く第3107話へ



Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3225-473ce430