初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第295話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

前進は外旋・後退は内旋

~ダンス・グレーゾーンを見直そう~


歩行時の股関節外旋、内旋について、観てみよう。

地面に接している

“接地脚”

もう一方の

“遊脚”

歩いている時って、この2種類のアシが存在し、
交互に入れ替え作業を行なっているんだな。

で、例えば、
左足が“接地脚”で、
右足を“遊脚”として、
前方に移動させる場合で観てみよう。

ザザッと、結果から言っちゃえば・・・
“遊脚”である右足は、
振り出された直後は内旋だが、

その後外旋になり、外旋着地。

“接地脚”である左足は、
外旋する右足に引っ張られて、
左股関節が中心に向かう、

つまり内旋運動をする。

“遊脚”である右足は、
地面に着地したと同時に、

内旋を始める。

“接地脚”であった左足は地面を離れながら、

内旋から外旋へと移る・・・

言わば、
左右の足の股関節は、
内旋と外旋との相互の繰り返しなんだ。
この切り替えがスムーズで速い人は、
歩くスピードも速い。

ちなみに、いわゆる“がに股”歩きの人って、
遊脚の外旋を、
着地した後も続けている人のことを言うんだよ。

あ、それから、チョイとややこしいけど、
股関節が外旋していても、
つま先やヒザの向きが、内向きの場合もある。
(内旋位という)
同じく、
股関節が内旋していても、
つま先やヒザの向きが、外向きの場合もある。
(外旋位という)

さて、

外旋

内旋


の繰り返しは、上手くできれば
機能的でベリーグッドなんだけど、

自然にソーなっているヒトは、

滅多にいない
のが現実。

特に、素直な外旋が難しい。
だもんで、
無意識化で外旋する柔軟性や、
外旋筋力の向上を目指すことが、重要なんだ。

でも、このように
外旋内旋の繰り返しがウマくいくと
足裏事情もソレにあわせてウマくいくんだな。

遊客は外旋しているので、
着地はアウトサイド・エッジになるはずね。
そして、小指側から、親指側に抜けて行く・・・

そう!

“あおり歩行”って、

以前ブログにて紹介したけれど、
覚えているかな?



ミニ・ミニ ボイス

“東京”ワークショップ無事終了。
ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

“東京”メンバー
ボンッ!
て、進化された感じね。
この先、とっても楽しみです!

筋肉痛、大丈夫かなぁ。
でもね、目指すカラダに絶対になれるよ。


      続く第3066話へ




Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3181-31c0e634