初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第295話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

重心移動がスムーズな歩き出し

~ダンス・グレーゾーンを見直そう~


「美・フットワークのダンサー・ウォーク」

について、
快刀乱麻クリニック院長 
ジュンコ先生と、
霧島エレナちゃんの対談続きです。


ジュンコ先生
「股関節って、
もともと、外旋しやすいのよ」


エレナ
「まっすぐではなく、
外向きに、ですか?」


ジュンコ先生
「そう。
股関節の周囲にはたくさんの筋肉があって、
股関節の運動、支持を担っているんだけど、
そのうち、

外旋に関わる筋肉がたくさんあるのよ。

内旋させる筋肉よりずっと多い。

内旋の3倍と言われているわ」


エレナ
「へぇ〜、そうなんだ。
でも、今、妙な内股で、
歩く女性、多いですよね。
アレは、外旋筋が正しく機能していない?」


ジュンコ先生
「そうね。
歩く時も、外旋筋が働きにくくなっているはず。
だから、O脚になるのね。
O脚は、股関節の靭帯が短く固まって、
大腿骨を内側にねじらせた状態
なの。
だから、
股関節の内旋を改善し、
外旋筋を強くすると良いと言われているわ」


エレナ
「そうなんだ!
外旋筋って大事なんですね。
でも、私も、歩くとき、
外旋筋を使っている意識なんてないです」


ジュンコ先生
「そうね。
そのあたりは、無意識の世界だからね。
あ、そう・・

ほとんどの人は、

歩き出しが、

スムーズではない
の。

重心移動がウマくいっていないから」


エレナ
「歩き出し?
意識したことないです」


ジュンコ先生
「じゃぁ、体験してもらおうかな。
コレから2種類の歩き出しをヤルわよ。
まず、1つ目。
両アシを股関節幅に開いて、
やや足先は外に向けて。
右足に体重、
で、上半身を前にフワッって持って行く・・・
左足、どんな感じ?」


エレナ
「前に出したくなりました」


ジュンコ先生
「そうね。
今のが、スムーズな重心移動感覚なの。
では次、両アシを股関節幅に開いて、
どちら側の足からでも良いから、歩き出してみて」


エレナ
「あ、なんか、良い感じじゃない」


ジュンコ先生
「先にやったのと比べてドウ違う?」


エレナ
「スムーズじゃない。
突っかかった感じでだし、ドンクサイ感じ。
先の方は、スーッとスタートが切れたけど、
今のは
『どちら側の脚を前に出そうか?』
と、意識して、それから、体重を移動させて、
体重が乗っていない方のアシを前に出した。
でも、なんだか、アシだけを出しただけで、
重心は残ったまんまのような気がします」


ジュンコ先生
「良い、観察力ね。
後のやってもらったのは通常歩行での、
スタートなの。
重心は軸足に置いたままになった。
先の方は、軸足逆側への重心移動を先に行うので、
スタートがとてもスムーズだったというわけよ」


      続く第3064話へ




Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3179-3f694889