初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第294話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ


東京ユニプラは定員に達しました。

ありがとうございます。

以後はキャンセル待ちで受付させていただきます。

第4回 月例ワークショップは引き続き受付中です。





ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

回旋レベルアップ・ウォーク

~ダンス・グレーゾーンを見直そう~


ダンサー・ウォークがチャーンとできるための
エクササイズ・ウォーク
2つ目は、

シェイク&クロス・ウォークだ。

シェイクは“揺さぶる・振動”の意。
揺さぶりつつ、
アシをクロスしながら歩く・・・
チョイ高度なウォークだ。
でもね、できるようになったら、楽しい。
おまけに、カラダの矯正にもGOOD

実は、
クロス・ウォークは、
2280話で紹介済みなんだな。

構造体・斜交いを作るための

優れものエクササイズ
として、登場している。

アシをクロスしながら前進するものだ。

今回は、背骨の回旋に重点をおいて
ヤル仕様になっているため、
クロス前に行なう、シェイクがキーとナル。

シェイクするのは腕。
腕をブラブラ前後に振る。
そこから横振りに変え、
最後に、チョイ回転を加える。
どうかな?
できたかな?
こうすることで、
背骨、胸椎の回旋が起こる。
しばらくソウして慣れて来てから、
アシの動きを加えるんだ。

最初は、クロスせず、
腕の動きとそこから起こる上半身の動きを主体に、
アシは置くだけ・・・を心がける。
それだけで、前進。

腕の動きに引っ張られて、アシが
一直線上に置きたくなる→そこから、クロスへ。
と、展開させて行くのがポイントだ。

この時、背骨では、
胸椎、つまり、腕部分が、右捻り
の時は、
腰椎、つまり、骨盤部分は反対に、
左捻りとなっているんだ。
ちなみに、
頚椎、つまり、頭部は、骨盤と同じ、
左捻りとなっているんだ。

歩行時、背骨は、
こういう風に回旋しているのが、本来の在り方・・・
でも、背骨周辺が
コリカタマっていることがもっぱらの現代人、
回旋がスムーズに言っていないケースがほとんど。
ってことで、
このシェイク&クロス・ウォークで、

背骨の回旋機能を蘇らせたいものだ。

慣れたら、
クロスする場所などを色々変化させてみよう。
置いた足のすぐ横脇に置くほどに、
深くクロスしたり
大きく横にまたいで置いたり・・

「アバラが前、骨盤後ろ」

で、正しい前傾ポジションでないと、
アシがもつれるよ。
また、
アバラと骨盤が分離できていなかったら、
かなり、キツい。
でも、やっているうちに、
全身の関節周辺がホグレてきて、
矯正できるってもンでもあるため、ぜひ!
楽しい!となった時は、
カラダレベルが上がった証拠だ。


      続く第3041話へ





Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3156-a39e6b97