--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第293話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ


第3回 月例ワークショップ

東京ユニプラなどのご案内はこちらへ





ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

ライズ&ロゥアは全身性&音楽表現

~ダンス・グレーゾーンを見直そう~


前回の続き。

ミキヒデ君の

「ワルツのライズ&ロゥア・レッスン」

ご一緒にドーゾ。

両足を軽く開き、
その場での、アームを使ったスイング運動
(ビック・シェイプ 第1572話参照) 


ジュンコ先生
「カラダの中が、
伸び縮みしているかどうか、
確かめてみて」


ミキヒデ
「伸び縮みというか、
グニャグニャ動いています」


ジュンコ先生
「その動きをもっと
拡大して行きましょうか。
で、伸び縮みの幅や量が少ないようだったら、
もっと、意識的に多くするようにやってみて。
こんな風に・・・」

前で、ジュンコ先生もヤってみせている。


ミキヒデ君、
腕の動きが増え、
ソレにつられて、
アシの屈伸運動も増えた。


ジュンコ先生
「いいわね。
ソレがライズ&ロゥアよ。
ワルツのリズムにのって、
腕をカラダの中からユッタリと振った。
ソウすると、
上半身がたくさんスイング運動をやり始めた。

カラダの動きに同調して、

股関節やヒザ、足首が、

自動的に屈伸を始めた


・・・コレが大事なのよ」


ミキヒデ
「ライズ&ロゥアとは、
アシのテクニックだと思っていたのですが、

カラダ全体のテクニックだったのですね?」


ジュンコ先生
「そうなのよ。
・・その前に、
ライズ&ロゥアって、
音楽の表現でもある、
体験できたのではナイかな?」


ミキヒデ
「あ〜、そうですね。
ライズ&ロゥアは、
ワルツの曲の中にある高低に、
動きをつけたものですか。
今さらながら、よくわかりました」


ジュンコ先生
「アシが先に、
ライズ&ロゥアするとね、
変ってすぐにわかるわよ。
やってみる?」


音楽をかけ、
先ほどのスイング・アクションを
脚部の屈伸を主にヤってみるミキヒデ君。


ミキヒデ
「あぁ、コレはダメです。
音楽が全く聴こえません」


ジュンコ先生
「そうね。
でも、今度は、
アシの屈伸を絶対ヤラナイようにしてやってみて」


ミキヒデ
「コレは物足りないです」


ジュンコ先生
「そうね。
まとめると・・・
ライズ&ロゥアは、
上半身と下半身の連動、
全身性のアクションである。
下半身の動きバカリだと、まったくNG
でも下半身の動きがないと、
コレまた、ぎこちなく物足りない。
また、
ライズ&ロゥアは、音楽の表現である
ここまではいいかな?」


ミキヒデ君、うなずく。


ジュンコ先生
「OK
コレを移動につないで行くための、
レッスンにはいるわよ」


      続く第3009話へ





Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3123-90c40b45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。