初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第292話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ


第2回 月例ワークショップ

東京ユニプラなどのご案内はこちらへ





社交ダンス教師に学ぶ人体改造 美ボディ・ケアvol.4 

ハンド・パワーは天恵だ

~ハンド・パワー・ヒーリング(8)~


「ヒーリング・ハンド」(ヒーリングができる手)

を作ろう!
中級編(第2575話の続き)に戻ってきました。

両手の間に、
ハッキリとした

“気感”を生じさせるというのが、

ハンド・パワー・ヒーリングのベーシックだ。

ところが、この時点で、
つまずいちゃうって方が多いのよね。
「これって、パワーが出ているのだろうか?」
自覚が持ちにくいのよね。
で、もっと手をこするナリして、
パワーを生もうとスル・・・
でも、ヤッパ、
「ウーン!?よくわからない」

そーいう方のために、
考え方の基本を押さえておこう。

ハンド・パワーって、手で生んで、
それを(手から)出しているもんではないんだよ。
また、個人のカラダの中で
生み出したエネルギー・パワーを
手を通して出しているもんでも、ない。
言っている意味、ワカル?

例えば、ワタシがヒデ君に、
ハンド・パワーを送っているとしよう。
それって、
ワタシが自分のカラダの中で、
“製造”したエネルギー・パワーを
手を通して、
ヒデ君に出しているワケではないんだ。
エネルギー・パワーの出どころは、
ワタシではなく“大自然”だ。
“天と地”からいただいているエネルギー・パワーだ。
ワタシは、ただ、
それをキャッチし、送っているだけ。
“ハンド”は、受け取ったエネルギー・パワーを、
送り出すための言わば“道具”
に過ぎない。
ワタシのカラダもまた、然り・・・。
なので
「(ハンド・パワーを)出そう、出そう」
と、すればするほどに、
リキんでしまうため、良くない。
かえって“出ない”結果になるんだ。

まとめよう・・・

ハンド・パワーは、

個人の才能ではなく、

天恵(てんけい)
だ。

天恵とは、天からの恵み
(この場合の天は大自然を指す)
ハンド・パワーは、
天と地から受けたエネルギー・パワー(気)を、
両手から放出している状態。
この辺りがとっても重要なんだ。

なので、手をソレ仕様に作っても、
大元の“天と地”からのエネルギー・パワーのキャッチが、
ウマくいっていなかったら・・・
と、言うことで、
「なーんにも感じません」って方や、
「よくわからない!?」って方は、
ひょっとして、天と地からのエネルギー自体が、
少ないのかも知れない。



ミニ・ミニ ボイス

昨日の“女子プラ”で、
ホンマ、久しぶりに“音”を出した。
まだ、万全ではなく・・・ごめんなさい。

シスター・タイムの時、
連載中の“ハンド・パワー”の質問が出た。
簡単に“伝授”した。
メッチャ、スゴい!
みんな、ヒーラーの手になった(!?)
その手で “治療”してもらった。
いやぁ、気持ち良い〜!!
効いたみたい。
ぐっすり、眠れました。
回復中。


       続く第2980話へ




Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3092-be8a696b