初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第290話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




チョット中休み エッセイvol.101 

観る聴く・気の向きの違い

~兆し(11)~


「感情エネルギーのコントロール」

対談の続き。


Q
『ちゃんと、
感情のコントロールが効くと、
(感情に)振り回され、
自分を見失うことがない。
安心して、イライラしたり、
怒ったりできるようになる』

とお話にありましたが、
それが、

矢印→が内に向いている状態なのですか?」


ジュンコ先生
「そうよ。
矢印→が内に向いていて、
内気が満たされている状況だと、

同じモノを観ても、

同じ音を聴いても、

違う観え方、聴こえ方になる
の」


Q
「どんな風になるのですか?」


ジュンコ先生
「実際にヤってみましょうか。
ワタシの顔を観て。
矢印→を外に向けて、ね。
さぁ、どんな感じ?」


Q
「なぁんか、
恥ずかしいというか、
笑ってしまいます」


ジュンコ先生
「そうね。
では、今度は、矢印→をウチに向けてみて」


Q
「あれ?落ち着きました」


ジュンコ先生
「恥ずかしい気持ちは?」


Q
「ナイです。
ずいぶん、違いますね」


ジュンコ先生
「OK
今度は音楽をかけるから聴いてみて。
(ジャズをかける)
矢印→を外に向けて、聞いてみて」


Q
「カラダがじーっとなんだか、
固まってしまってます」


ジュンコ先生
「良い音楽に聴こえる?」


Q
「ウ〜ン、特には・・・」


ジュンコ先生
「では、今度は、
矢印→をウチに向けてみて聴いてみて。
そう、カラダの中で聴く感じね」


Q
「あぁ、全然違います。
良い曲に聴こえるし、
カラダを揺らしたくなります」


ジュンコ先生
「ね、違うでしょ?
他にカラダの違いってない?」


Q
「矢印→を外に向けて、
観たり聴いたりすると、
カラダの内側が空っぽになった感じで、
矢印→をウチに向けて、
観たり聴いたりすると、

お腹の奥が締まってきます」


ジュンコ先生
「おぉっ!良いじゃない!
それよ、それ。
それがとっても大事なの。
矢印→を外に向けて、
観たり聴いたりすると、気を取られる

反対に
矢印→をウチに向けて、
観たり聴いたりすると、気を取られない

空っぽか、締まるか?
それは、内気が減ったか増えたかってことなの」


Q
「へぇ、面白いですね。
内気が増えるから、
それで、感情をコントロールできるのですか?」


ジュンコ先生
「そうなのよ」


      続く第2911話へ




Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/3020-b18009b9