初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第287話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




特別シリーズ 
社交ダンスが教えてくれたこと 人間美学そして哲学vol.14 

最後は感謝で

コンカツ・プレパレーション(36)


コンカツ・プレパレーションについての、
(婚活のための下準備)

ジュンコ先生とQさんの対談、
いよいよラストです。


ジュンコ先生
「コレは、
競技パートナーだけではなく、
練習の相手としてのパートナーシップもそうだなんだけど、
自分がしっかりしない間に、

安易にヒトと組まない方が良いわね。

依存性を高めてしまうことで、
かえって3種のエネルギー波動すべてが弱くなる。

とはいえ、しっかりしていない人ほど、
相手がいなくなるとスグに、
次の相手が欲しくなるものなんだけど、ね。
本当に自分を持っているヒト
ブレナイ軸、正しいセンターがあるヒトは、
1人でヤってイケルものだからね」


Q
「それは、

“自立”できているヒト

ということでしょうか?」


ジュンコ先生
「そう。
言い換えれば、相手がいなくても、
十分ヤってイケルもの同士が、出会って組むと、
自動的に、
高いエネルギー波動の交流が始まり、

3方良し状態になるわ」


Q
「そういうお相手が良いンだろうけどなぁ。
まずは、
自分がしっかりしないとダメってことですね。
今回、お話しして
『ヒトと組む前に、
本質的なエリアと組んで、
自己愛の基本を押さえる』

今のワタシにとっては、
これが一番大切かもって思いました」


ジュンコ先生
「良いわね。
天や地や、音楽と組むことができると、
フツー感じている自分とは全く違う自分を
感じることができるからね。
ソノ勉強が、
ダンスでは大いにできるから、良いのよね」


Q
「その『フツー感じているのとは全く違う自分』とは、
“呼吸体”のことですか?」


ジュンコ先生
「ブログ内言葉では、そうなるわね。
サァて、ラスト、締めに入ろうかな。
これはね、
ダンスのパートナーでも“婚活”でも同じなんだけど、
自分と組む相手を
“外に向かって探そう”とする必要はない、のよ。
探すなら、自分の内側を探すこと、ね。
本当に会いたい人、会うべき人は、
自分の中にいるものだからね」


Q
「うーん、深いなぁ」


ジュンコ先生
「ホンキになって、

自分の波動を高める訓練をやってみると、

モロモロわかってくるわ。

いわゆる“真理”ってそういうもの。

体験から学ぶものだからね。
頭で考えていただけでは、ワカラナイ。
ヤラナイと、ワカラナイ」


Q
「自分の内側をもっと感じやすくならないと、
ダメですね」


ジュンコ先生
「そうよ。
そのために
自分の立っている、大地
自分の上にアル、天
周りにある、空気を利用すれば良いの。
で、まずは、
分かり良い、
肉体エネルギー波動を強くするように努める。
天地と組めば、軸が通り、
センター、中心がデキルようになる。
空気と組めば、カラダの中に、
良いスキマがたくさんできるようになる。
音楽と組めば、
カラダの中のあらゆるリズムの調律がデキル。
ヒト以外のモノを利用して、人体を改造する。
そして、心も変える。
それから、ヒトと組んでも遅くはないわ。
必要な出会いは、絶対にアルから、大丈夫よ。
『天命を信じて、人事を尽くす』
『出会いを信じて、準備に励む』



Q
「分かりました。
あ、そうだ!

言葉の利用もやってみよう。

言葉は肉体エネルギー波動に近いってことだったから」
(第2807話参照)


ジュンコ先生
「分からなくなったら、
コレ!って言葉があったでしょ?
覚えている?」


Q
「ハイ、覚えています。
『ありがとうございます』ですね」


ジュンコ先生
「人間関係において最大の強さは、
感謝にアリ、よ」



ミニ・ミニ ボイス

体調が良くない。
かなりキツイときもある。
が、今に始まったことではない。
時折、ナル、あの症状だ。
憑依(ひょうい)
なぁんて書いたら、ドン引きされるかなぁ。
ブログ愛読者のアナタなら、大丈夫よねぇ。
ホンマの“病気”と違うから、ご心配なく。
他者への伝染も、ないから、大丈夫よ。

回復するためには、踊る方が良い。
っていうか、気にしないのが一番。
ソッチに気を取られず、自分に集中・・・
ヨシ!


      続く第2818話へ





Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/2923-4fa863ce