--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第286話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




特別シリーズ 
社交ダンスが教えてくれたこと 人間美学そして哲学vol.14 

「魂エネルギー波動が高いと

傲慢になりやすい!?


コンカツ・プレパレーション(14)


コンカツ・プレパレーションについての、
(婚活のための下準備)

ジュンコ先生とQさんの対談が続いております。
毎日、読むのが楽しみ?
嫌になって来た?
ごめんね。
でもね、発信しなきゃってことは、発信するね。


ジュンコ先生
「あ、これを伝えておかないと・・・
魂エネルギー波動が高い人に、
なぜ、本当はそうではないのに、
『魂エネルギー波動での共鳴だ』と思い込む症状が多いのか、
他にも理由があったわ。
コレに陥っている人が、危ないのよ」


Q
「ヘ、それはどういう?」


ジュンコ先生
「傲慢(ごうまん)化。
魂エネルギー波動が高い人は、
ゴーマン人間になりやすい・・・
それって、わかるかしら?」


Q
「はい。
さっき、ジュンコ先生から、
『魂エネルギー波動の高い人が、
優れているというわけではない』

という話を聞いて、
あぁ、ソウか・・・と、思いましたが、
なんとなく、魂エネルギー波動の高い人って、
肉体や精神エネルギー波動の高い人より、
格上のような気がしていたのです。
だから『ワタシは魂エネルギー波動の高い』
みたいな自覚のあるヒトは、
自分がレベルの高い人間だと錯覚してしまう、
その結果、ゴーマンになるというのは、納得できます」


ジュンコ先生
「魂エネルギー波動の高い人の方は、
普通なら気づかない感覚に
繊細に反応することが多いし、
モノゴトの“本質”を観る傾向にもある。
認識のエリアが“非日常”なので、
『自分はデキている』 
『スゴい人だ』 

なんて、勘違いしてしまいやすいの。
で、
“観えない人”や、
“気づかない人”に、教えたくなる。
男女の関係で、ソウいう気持ちが働いた場合、
相手を、なんとかしてあげたくて、
ウズウズしてくる。

『救ってあげたくなる』

のね。
これが、
『魂エネルギー波動での共鳴による出会いだ』
という、錯覚を招く。
『私(僕)は、アナタを救うためにヤッテきた』
なんてことになるのよね」


Q
「わぁ、ありそうな話ですね」


ジュンコ先生
「そう、実際、よくアルことなのよ。
出会った相手に対し、
『素晴らしい人なのに、
潜在的パワーが発揮できていない。
自分のチカラで、開花させてあげたい。
現状から救い出してあげたい』

という想いが働くと、
恋愛感情に移行しやすい。
おまけに、魂エネルギー波動の高い人は、
救い出すべきは、
“魂”エリアにあると、わかっている」


Q
「モノゴトの“本質”を観る傾向にあるからですね?」


ジュンコ先生
「そう。
だから、ハマリやすいの」


Q
「ハマりやすい?」


ジュンコ先生
「それが、たとえ “許されない関係”であっても、
続けてしまう。
だって、
相手の“魂”を救ってあげているんだもの・・・
本人は“いいことをしてあげている”つもりだし」


Q
「相手の魂を救ってあげている、か。
すごい、言い訳になるってことですね」


ジュンコ先生
「そうなの。
でもねぇ、コレ、ダメなの。
絶対、ヤメた方が良いのよ。
魂エネルギー波動が高い人が、
よく陥る“ワナ”なのよ。
男女恋愛によって、
ドンドン、ゴーマン人間になっちゃうことって。
見過ごすと、大変残念なことになる・・・」



ミニ・ミニ ボイス

“大阪”女子プラ、新学期スタート!
“新入生”を交えての第1回目、
無事終了いたしました。

ルンバ
回転系に強くなるカラダ作りからスタート。
音楽がかかると、さすが!
想像していた以上のデキバエに、拍手です。
タンゴ
新たな世界感、
刺激がいっぱい・・・この先も続きます。
細やかな感覚のやり取りは、
女子が絶対手に入れないといけないエリア。
モロモロ指示に、よくついて来て下さいました。

参加者の皆さん、ありがとうございました。


      続く第2794話へ




Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/2898-fce67777

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。