初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第279話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ




ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

お腹の圧は気の操作で

~ダンス・グレーゾーンを見直そう~


進化系・トップ・ラインに関する対談、続きまーす。

美的トップ・ラインを作るには、

腹部の伸張&背中の収縮力

が決め手ということなのだが。


ジュンコ先生
「背中の収縮というのは、非常に難しいのよね。
下手すればヒックリ返ってしまう。
運動に最もふさわしくない状態になるからね。
初期にカラダの基盤ができていない間に、
強制的に“背中の収縮”をさせられた人の大半が、
骨盤を前に突き出した体勢になっちゃう」


Q
「肩甲骨をグッと寄せるとか、
胸を張るとかヤルと、ダメなんですね?」


ジュンコ先生
「エクササイズでヤルことはOKだけど、
ダンスの実践で、ヤってはだめよ。
特に、

“肩甲骨を寄せる”は、NG

肩甲骨だけではなく鎖骨まで動かなくなるわ」


Q
「難しいものなんですね」


ジュンコ先生
「ええ。
ダンス姿勢は、見た目が良くても、
一緒に踊れる体勢じゃないとダメだからね。
だからこそ、本当に正しい姿勢とは、
何かを知ることがデキルんだけどね。
あ、ソウ、
背中の収縮が難しいように、
腹部の伸張も誤解を生みやすいから要注意よ。
お腹が、ボワーンと、
広がってしまっているヒトが多いから、
カラダの基礎では“締める”をやった方が良い」


Q
「自分のカラダは、今現在
締めるべきか、伸ばすべきか、
その辺りの見極めが難しいですよね」


ジュンコ先生
「そうね。
カラダ作りに関しての困難な点ね。
コレからお話する、お腹の伸張についても
『伸ばすといっても、ただ単に突っ張るではなく、
ユルユルでもなく、
目指すは、
しっかりと締まるようになってから行なうこと
そして
出来上がりは、伸ばすというより、
圧がかかった状態なんだな』

と、分かるまでには “修行”が必要かな」


Q
「圧がかかった状態?
全然イメージできません、
“修行”が足りないから(笑)」


ジュンコ先生
「圧と言うと、グッと力ませるのかな?
と勘違いしそうなんだけど、
以前ブログで紹介した

開脚・壁押しエクササイズの時に、
(第2282話参照)

感じるような圧を指しているの。
でも、気の勉強をすると、
正しい圧は、
気の操作で手に入ることが分かってくるわ。
両手を握り合って、手のひらから“受け合う”と、
カラダの中がしっかりするそう言った感じ」


Q
「以前ミュージック・パワー・スポット療法で、
行なった感覚ですね
(第2455話参照)
でも、アレは、お腹が、
グッーと締まって来る感じがしたと思うのですが、
圧は、
締めるんじゃなくて、伸ばすことでできるんでしたよね」


ジュンコ先生
「どちらでもOKなのよ。
お腹を伸ばす感覚でヤってみて。
そうすると、違いが分かるから
今、一緒にヤってみましょうか」


Q
「あ、ホントウだ。
背中がキューって色んな方向に縮まってきました。
デモ、お腹も、ベロンと開いてはいない。
ググってパワーがあって、ソレが動いている感じです」


ジュンコ先生
「OK
ソレで正しいのよ。
要は、

気が通っている状態である

ことが重要なのよ」



ミニ・ミニ ボイス
“大阪”に戻る途中、
大雨が降ったり、やんだり、風が強かったり、
“お父さん”は、大変そう。
“子ども”は、運転の邪魔をしないように、
いい子にずーっと寝ていた。
でもね、アソコでは、ちゃんと、スクって起きたよ。
3月、突然の吹雪で、
立ち寄れなかった“御在所サービスエリア”
(第2605話下 ミニミニボイス)
やったぁ!
“きしめん”食べたぁ!
かつおだし、美味しくって、飲み干した。

“お父さん”その間だけ、スースー・・お休み。
後は、ほぼ、休憩なしの運転だった。
お疲れさま。

さて、
幸福ビル別館前、ミキヒコさん、笑顔の出迎え。
ホッとしたよ。
ありがとう!


       続く第2700話へ




Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/2802-29792bb8