--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての方へ  目次  テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第272話へ


フォロー・アップ・システムのご案内


ジュンコ先生の教室のホームページ



ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

頚椎アングルを正しく

~基本ピクチャーポーズの基礎を知る~


ジュンコ先生とQさんとの

美的・ピクチャー・ポーズを作るための

スペシャル・トークが続いている。


Q
「ピクチャー・ポーズで、
アタマの位置をキレイに決めるにも
背骨が重要ですか?」


ジュンコ先生
「首・・・つまり、

頚椎の関節への意識が重要ね。

おおざっぱに言えば、
キレイに“胸鎖乳突筋”が見えている時は、
頚椎が効いている。
アタマが軽く感じられる時も良い」


Q
「アタマが軽く?」


ジュンコ先生
「そう。
簡単に試してみましょうか。
軽く手を後頭部に当てて、
そのあてがわれた手に
頭が吸い付くように意識してみる。
どう?
少し、アタマが高くなったかな?
で、軽く感じるかしら?」


Q
「他にも
『耳たぶの下の骨のところに、
指を当てて、やや上、後ろに引く』

とか、
『上から吊られているようにする』
とか、
色んなやり方があるんだけどね。
要は、
頚椎のアングルがもっとも良い方向になれば良いの。
そうすれば、首の後ろがスーッと伸びる。
前は、アゴが上がらず、
でも、顔が前にちゃんと位置する感じ。
上方前に伸びていく感じ。
コレは、
頚椎だけではなく
背骨すべてが正しく伸び、
股関節もフリーになった結果だけどね」


Q
「首だけでも、
チャンとするって大変そうですね」


ジュンコ先生
「そうね。
でも、首が定まって頭の位置が、正しくなれば、
自動的にカラダが変化する部分も増えるわ。
お腹もググって締まるしね」


Q
「へぇ〜、
そうなんですか!?」


ジュンコ先生
「吊り上げ筋が働きやすくなるからね。
もう一回、
軽く手を後頭部に当てて、
そのあてがわれた手に頭が吸い付くように意識してみて。
あぁ、良い感じね。
どう?
下腹部、締まっていない?」


Q
「ホントウだ。
クッって伸びている感じもアル。


ジュンコ先生
「そうね。
その時の頚椎の様子を感覚的にいうと、
頚椎の1、2番は
前にその下は後ろに引いている感じ」


Q
「そういわれればそうですね。
以前記事にあった

“抜き衣紋”の感じです。

かなりアタマは高いですね」
(第1533話参照)


ジュンコ先生
「ソレができれば
ピクチャポーズの時のヘッドスウェイがかかる感じが
正しく体感できるようになるの。
肩のラインに45度倒す。
首は折らないで、常に“伸ばす”
最終、鼻先を感じる」


Q
「鼻先ですか!?
あぁ、良い感じですね」


ジュンコ先生
「そうね。
キレイにできたって感じでしょ?
で、ここから大事よ。
どんな傾きをしても、
アタマが軽いなといいう“場所”を探すのよ」



ミニ・ミニ ボイス
ヒデ君が言った。
「“東京”に来て、グレーゾーンがハッキリしたな」
今回のワークショップのテーマが、
“グレーゾーン・テクニックの習得へ”だったんだけど、
ここで言っている
グレーゾーンって、ダンスだけのことではないんだな。
ヒデ君の“リアル・人生”における、グレーゾーン。

“東京”目標、更新中のヒデ君
な、なんと
1度もイライラしていない!!
(第2594話 ミニ・ミニ ボイス話参照)
白黒ハッキリ、スッキリできたのは、
気持ちのコントロール・レベルが上がったから。
イライラ、悶々、鬱々・・だと、
「ソッチではなくて、コッチだよ・・・」
てな、大事な“声”が、聴こえないもんね。


       続く第2601話へ







※Real Junko Voiceはお休みです。

Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/2701-0b249b6d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。