--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第272話へ


ジュンコ先生の教室のホームページ




チョット中休み エッセイvol.77 

ダンスを2倍楽しめる

~ダンスが上手くなる7つのルール(10)~


ユニプラ・ルールのその3

「パートナーワーク」

対談の続き。


ジュンコ先生
「男性パートを本格的にヤルようになって、
自分が女性として、
いかにデキていなかったかも、
思い知らされた。
なぁんにも知らずに、ボーッと踊っていたのね。
で、
必要なことはせずに、
イラン(不要な)ことばっかりやっていた・・・
スゴく、邪魔していたんだって、分かったのよ
あぁ、リーダーに悪いことをした、ソウ心から思った」


Q
「男性パートをホンキでやって、
いろんな気づきがあったわけですね」


ジュンコ先生
「ソウ!
気づきが多いのよ、パートナーワークって。
実際の“体験”だから。
パートナーワークをやるとね、驚くわよ。
『同じステップをしているのに
男性パートの時に観る“景色”や、
感じている“フィーリング”と
女性パートの時に観る“景色”や、
感じている“フィーリング”とは、
こうも違うのか』
って」


Q
「男性が前進のとき、
女性は後退、ですものね。
ソレは“違う”でしょうね」


ジュンコ先生
「そうなの。
『社交ダンスは、相手を思いやって踊りましょう』
なんて、
アタマや理屈で分かっていても、
実際に反対の立場になってしか、
気づけないものって絶対にアル。

体験は偉大、よ」


Q
「でも、ソウは言っても
男性が女性パートを、
女性が男性パートをヤルには
心情的に抵抗がアルという場合は、
ドウなのでしょう?」


ジュンコ先生
「ソレを無理にやれ!とは、言えないわね。
ダンスからナニを学ぶか、学びたいか、は、
自分で選択スルものなので。
押しつけはデキナイし、
『コレをやったら、自分のダンスは変わる』
と、思った方は、(パートナーワークを)
自主的にされるでしょうね」


Q
「でも、ユニプラでは、ルールなのですよね?
絶対、やらないとダメなのでは」


ジュンコ先生
「最近は、
規制(きせい)緩和(かんわ)しているわね。
特に
ユニプラ・ビギナーには、
(ユニプラ初参加、または、慣れていない方)
『反対のパートをヤルことで、
エラく3Kに、なっちゃうようだったら問題なので、
(固くなる・構える・カタチ作る 第2506話参照)
無理しないでOK。
自分で様子を観て
デキルところ、デキそうなところだけ、挑戦してね』
と伝えているの」


Q
「女子プラも、そうなっていますね」


ジュンコ先生
「そうね。
でも“先輩方”が、当たり前のように
パートナーワークをするので、
両方のパートを試みたくなるものなのね。
だから、ホボ全員が挑戦されるわ」


Q
「え〜、ざっと、
パートナーワークの良さを上げてみますと・・・
反対の体験による“気づき”がある
相手を思いやることがデキる
ダンスを立体的に捉えるようになれる・・
他には、ありますか?」


ジュンコ先生
「そうねぇ。
反対側の立場から観る、
感じる習慣がデキルことで、
リード&フォローに関するモロモロも、含め、

ペア・ダンスの

本質を知っていくことが可能


言い換えれば
『あぁ、社交ダンスというものから
“こういったこと”を学べば良いのね』

が、分かり良くなる。
“こういったこと”とは、

バランス

循環

調和

つながり
・・

ね、大事なモノばかりでしょ。
それから・・・
やる気があれば、デキルようになるンだなぁ
って、ことを知るにも良いわね」


Q
「パートナーワークって、
絶対、誰でも出来るようになるものですか?
どんなに不器用って方でも」


ジュンコ先生
「エエ。
さっき話したように、
やる気持ちさえあれば、ね。
やり始めは、
脳に回路がないから、大変でしょうね。
でも、続ける、すると
アル一定の時期を過ぎると
“脳のシステムが変化する”
パートナーワークをしたくなると言うか、
片方だけのパートを習っても
“足りない”って感じるようになってくる。
いわゆる“パートナーワーク脳”になっちゃうの」


Q
「へぇ、すごいですね」


ジュンコ先生
「そうね。
デキルようになると、
意外な楽しさを味わえたりする
・・・これも、利点ね。
そう言えば、ユニプラで参加者がルール説明をするとき
『パートナーワークすることでダンスを2倍楽しめる』
と、言われた方がいたわ。
コレは良い!って思った」


Q
「一粒で二度美味しい!
ですね」



ミニ・ミニ ボイス
ビギナーレッスンは、ワタシが学び直すチャンス。
ナニを学び直すのか?
この世界にいると、
なくなってしまいがちな“貴重”なもの。
純粋
無垢
あるがまま
の、美しさ・・・

「このまんま、上手くなっていって欲しい」
さぁ、この先の導きが大変だぞ。


      続く第2526話へ





※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)

Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/2622-f8bfb3d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。