初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第271話へ


ジュンコ先生の教室のホームページ




特別シリーズ 
社交ダンスが教えてくれたこと 人間美学そして哲学vol.13 

一体何のプロ?

真・美センスを磨く(22)


テーマは、

社交・競技ダンス界における

美・センス


について
の対談、ようやく佳境へ!?

「アマチュア・ダンサーの手本となるべき
プロフェッショナルが、
正しいプライドを持つ・・・
それが、
社交・競技ダンス界における、
美・センスアップのキーだと思う」

と、ジュンコ先生は言うのだが、
さて・・・


ジュンコ先生
「ここでいうプライドって、
自尊心と同じと思って欲しいんだけど、
自尊心という意味は、分かるかしら?」


Q
「自分を尊敬する心
・・・大事にスル心でしょうか・・・」


ジュンコ先生
「それでOKよ。
自分という人格を尊敬し、
大事にスルためには、
まず、
素っ裸、

あるがままの自分を、

知る必要がある
と思うのよ。

ソノ上で
強みと弱みを十分理解するように努める。
強みは活かし、さらに伸ばす。
弱みは、優しく丁寧に扱う。
弱みの部分を傷つけ、
さらに弱くしてしまわないように、
自分で守る。
守りながら、鍛えていく・・・
そういうプロセスを経て、
人格が成長することで、
正しいプライドを育てていくことが
できるようになると、思うの」


Q
「あのぉ・・・
ダンス界のプロは、
正しいプライドを育てていないヒトが、
多いということなのでしょうか?」


ジュンコ先生
「正直、そう感じる。
今から話すのは、その一例なんだけど。
スタジオ勤務していた時、
年2回のホテルパーティがあった。
最初、ソレに携わったときは、
非常にカルチャー・ショックだった。
生徒サンと先生が踊るモロモロにも驚いたわ。
でもね、もっとビックリしたのは、
ラストにあった “プロフェッショナル・ショー”
一組ずつデモを踊るんだけど、
ダンスを全く知らないヒトが観ても、
『このヒトたち・・・上手くないね』
と、ハッキリわかるカップルが数組・・
ワタシは、気の毒に思った。
踊りたくないのに、何か理由があって、
無理矢理、踊らされているんだと思ったの。
でも、後で師匠に聞くと、これが大違い!
『踊らせて欲しい』
と、頼まれているっていうじゃない。
ソノ理由を聞いてさらに、ビックリ。
『スタジオの宣伝になるから』って。
ワタシは思ったの。
『宣伝になるどころか
それって、逆効果じゃないの?』」


Q
「わぁ〜、
胸がザワザワしてきました」


ジュンコ先生
「こういうような話はいっぱいアル。
競技選手という泊(はく)がないと
カッコ悪いから、
または、
スタジオの経営に差し支えが出るからという理由で、
競技に出るプロもいる」


Q
「その人、ダンスの実力は・・・」


ジュンコ先生
「競技会で何度も目撃したことはあるけど、
生徒サンが観たら、
余計にまずいんじゃないかな?
と、心配になった。
他にも、
『自尊心ってモノがナイんじゃないか!?』
って、
思ってしまうようなエピソードは、
もう、たくさんある」


Q
「あのぉ、プロって、
ダンサーのプロと経営のプロと、
教師としてのプロと・・
ソンナコンナが、
ごっちゃになっているんじゃ?」


ジュンコ先生
「そうね。
一体、自分がナニのために
ダンスをやっているのだろう?
という“根本”を押さえていなければ、

自分が何のプロなのかも

よくわからない位置にいってしまう


だから、

本来の役割を果たせない

ズレちゃうから、変になる。
スタジオ経営のプロが、
宣伝のためにダンサーをやったら、
美しくない自分をさらしてしまう。
ダンサーとしてのプロが、教師をやったら、
知的でない、
カッコ悪い自分を
表出させてしまうことだってありうる。
ダンサーとしてのプロや、
教師のプロが、
スタジオ経営にやっきになる・・・
これまた恥ずかしいと、ワタシは思う」


Q
「でも、現役ダンサーのヒトのほとんどが、
教師のプロもやっていますよね?
それに、
自分たちで教室を持っているヒトも多いし・・・」


ジュンコ先生
「現状は、そうね。
すべてが悪いとは思わない。
イイ部分もあるだろうけれど、
ソレ以上に、問題はたくさんあると思う」


Q
「学連からプロになるヒトも多いですよね?」


ジュンコ先生
「あぁ、その辺のことも、
懸念(けねん)材料がいっぱいアルわ。
正しい人格が育たないうちに、
万が一、選手として
“売れて”しまったら大変だと思っている。
ダンサーのプロだけをやるならまだしも、
教師のプロも同時にやる訳でしょ?
ちゃんと、教師としての勉強をしなくとも、
ダンサー知識だけで、
デキちゃう部分も多々あるから、さらに問題ね」


Q
「またまた、
スゴい話になってしまったように思うのですが」


ジュンコ先生
「そうね。
でも、悪い流れは食い止めないと、
この先、大変だと思う。
あるがままの自分を観るどころか
不誠実な人格、
ウソっぽい人格になってしまう可能性が高い。
結局のところ
正しい自尊心は育ちにくいとみている。
今のままのダンス界では・・・」


ミニ・ミニボイス
久しぶりの大阪。
リアル・ミキヒコが、空港まで迎えにきてくれた。
(電話で連絡を取り合っていたので、
声には毎日出合っていた)
意識はスっと切り替えられるが、
カラダがまだ追いついていない。
ゆっくり休まなきゃ。
留守の間に、
スタジオのデッキが修理され
クーラーの清掃も終了。
色々変化があったようだ。
さぁて・・・


      続く第2420話へ





※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)

Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/2513-298da055