--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第269話へ


ジュンコ先生の教室のホームページ




チョット中休み エッセイvol.71 

低レベルの自己顕示欲はNG

~第2弾 踊れるカラダの盲点!?(9)~


前回の続き。
(第2326話参照)

ジュンコ先生
「そう、

己を知る旅に出るの。

で、自分をよーく観察する。
するとね、
過ぎたり、
分をわきまえていなかったりすると、
『危ない』
と気づくようになる。
『ダメだよ、また、同じ失敗をするよ』
という、内なる警告が聴こえるようになってくる」


Q
「同じ失敗?」


ジュンコ先生
「ええ。
過ぎるヒト、分をわきまえないヒトは、
ソレが元で、
過去、

人間関係で失敗した

体験をしている可能性が高い


もちろん、ダンスにおいても、同じ。
失敗の度合いは、
小さなものから大きなものまで、
さまざまだろうけどね。
その体験から、ちゃん学び取れていないと
また、同じ失敗を繰り返してしまうものなのよ」


Q
「あ〜、
それは、分かるような気がします」


ジュンコ先生
「ダンスは、
自分の表現をする世界でしょ?
ソレが過ぎると

“魔が差す”の。

“自己顕示欲”を、
低レベルで満たそうという世界観に没してしまう」


Q
「自己顕示欲って、
『自分を認めて欲しい、褒めて欲しい、
他人よりも目立つ存在でいたい』

みたいなものですよね?
でも、それって、良くないことナノかなぁ?
ダンスするヒトって、そういう欲というか、
想いって、大切なんじゃないですか?」


ジュンコ先生
「実は、ソウ。

特に“解放期”には、大切ね。

ヒトに認めてもらうことで、
成長できる時期であるからね。
自己顕示欲は、アル意味、大事、
だからといって、過ぎたらダメなの。
“まとめ”みたいになっちゃうけど、
だからこそ、
ダンスの中で学べると思うのよ、

過ぎないこと

分をわきまえるって、どういうことか


過ぎないこと

分をわきまえることの大切さ


社交(競技)ダンスは
1人で踊れないでしょ?
だから、
そういったモロモロを
学びやすい環境を作ってくれるもの、なのよ」


Q
「そう言えば、
カップル間でも、良く問題になりますものね。
男性の役割
女性の役割・・
その辺も、分をわきまえないと、
もめちゃうんでしょうね。
あぁ、難しいなぁ。
それに、
自分で自分を観察したり
己を知っていく・・・なんて、もっと難しい〜!
できそうにないなぁ」


ジュンコ先生
「これは、ひとつの提案なんだけど、
信頼できる

“他者”に、

チカラを貸してもらえるよう

お願いする
のも1つの手よ。

自分が、やり過ぎていないか?
分をわきまえているか?
その方に、見ていてもらう。
または、
自分から相談を持ちかけてみるの。
自分はどういったシーンで、
過ぎてしまっているのか?
分をわきまえていないのか?
自分で気がついていない点を指摘してもらう。
そして
悪い部分は、どう是正をすれば良いか?
アドバイスを受けるの」


Q
「いわゆるメンター※
を持つということですね?」


ジュンコ先生
「ソウね。
先輩や
先生、コーチャー
または一緒に組んでいる相手・・・が
“メンター”であれば最高よね」

※メンターとは指導者、助言者の意味


ようやく、
「踊れるカラダの盲点!?」
序盤が終了。
ご精読ありがとうございました。
次回
踊れるカラダの盲点
「カラダの中の未開発パーツ見落としているパーツ」
の記事に入ろうか、
と思ったのですが、ごめんなさい!!
割り込みで、少しだけ、
女子プラ記事にさせていただきますね。
そーいや、
東京最終日は、女子プラだったんだけど、
ン、もうスゴかった。
何度も、鳥肌が立ちました。
ありがとう・・・
一体ナニがあったのか?については、
後日、“東京”報告でアップします。


     続く第2328話へ





※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)

Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/2418-fb5405d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。