初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ 


社交ダンスを始めるということ 第262話へ


ジュンコ先生の教室のホームページ


第4回東京ワークショップ

ユニプラ&女子プラのご案内はこちらへ


※受付終了で、キャンセル待ちのクラスもございます。




チョット中休み エッセイvol.65 

もう二度とナイと思っていたパーティ

~シャイニー・パーティ再来!(4)~


初ホテル・パーティは、予想以上の成功。
チケット代もかなり安く押さえることができた。

「スゴく価値のあるパーティだった」

との声、多数。
ワタシ的にも満足だった。
とにかく、当初の目標であった
“ホテル・パーティ”を知りたい・・・
という想いのアル部分は、満たされた。
“ホテル・パーティ”に対するイメージは、変わった。
今回の経験を活かし、
もっと良いパーティができるとも思った。

ぜひ、またヤリタイ・・・

ところが、パーティはこれきり、となってしまったのだ。
“その人”がヘソを曲げてしまったからだ。

パーティが終わって数日後のレッスンでの、
“その人”とアル生徒サンの会話。
「楽しかったです! 
先生、また、やっていただけるのでしょう?」


「いや・・・ヤルつもりはないよ」

ショックだった。
“その人”は最初から、
乗り気ではないことは重々分かっていた。
でも、あんなに上手くいったのだから、
また、ヤルと言ってくれると思い込んでいたのだ。
それに、
「ヤルつもりはない」と、
生徒サンに簡単に言うフィーリングも、イヤだった。
それに、なんだか
コチラの要望をすべて飲んで
協力してくれたホテル側に対し、
失礼ではないか!?
言い合いになった。
大げんかに発展。
“その人”は、宣言した。
「“ホテル・パーティ”は、
絶対に、二度とやらない」


そもそも“その人”が、
ヘソを曲げた“ワケ”というのがあった。
そのうちの1つは、なんと・・・
「(要らないと言ったのに)
収益が上がってしまったから」

実はコレも、ホテル側の協力によるものだった。
マァ言えば
少しでも利益が出るように
“ウラで”色々取りはからってくれたというわけだ。
それが、逆に作用した。
また
周りの生徒サンも協力しようと
“少々無理をして”チケットを売ってくれていた事実が、発覚。
ソンナコンナをひっくるめて
「パーティはもっと自然なものであるべき」
「自分にホテル・パーティは似合わない」

といった結論に到ったようなのだ。

ワタシは、ガッカリした。
が、どうすることも出来なかった。

が、シャイニー・パーティのことは、
忘れることはなかった。
あのとき観た
生徒サンの輝きを。
夢のようなひとときを。
ただ、いつかまた、と言うような期待感は、
徐々になくなっていった・・・

おっと、昔話が長引いてしまった。
話を現在に戻そう。

さて、

19日に行なわれたパーティが、

あの11年前のパーティの再来
と感じたキーは、

照明&スポットだ。

デモンストレーションを始めとスルさまざまなシーンで、
カラー照明や
ピン・スポットが使用されたのだ。
以前の会場には、そう言った照明機材はなかった。
今回、初の試み。
上手く活かせば、非常に効果的な演出となるが、
果たして使いこなせることができるかどうか・・・
と、大いなる助けが現れた。
たまたま、ワークショップ参加者の中に
“著名(オペラ)舞台演出家の方”が!?
で、貴重なアドバイスをいただけたのだ。
(当日はお仕事のため、
アドバイスだけのために来て下さった。
この場を借りまして、
ホントウにありがとうございました)

ただし
今回の
タイトル
シャイニー・パーティは
そう言った照明・スポットを浴びた方々だけに
向けてのものでは、ない。
6種年記念パーティが、
「シャイニー・パーティ再来!
スゴくうれしかった」

ホントウの落としどころは
ココ・・・

生徒サンが主役のパーティ

一人ひとりが輝けるパーティ



     続く第2196話へ





※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)

Secret

TrackBackURL
→http://universaldance.blog88.fc2.com/tb.php/2283-8ffb0769