FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ  快刀乱麻クリニック目次 


社交ダンスを始めるということ 第272話へ


ジュンコ先生の教室のホームページ


第20回 社交ダンスが上手くなるということ

読者限定 ワークショップのご案内はこちらへ





チョット中休み エッセイvol.81 

「ありがとうございます」の意味!?

~感謝に目覚めて・・・(3)~


前回の続き。

「ありがとうございます」

という言葉について。
(この辺り、
色んな説があるもんで、
な・な・な??って方もいるかも。
どうか、ご了承を)

コレからお話するのは、
古神道(古代の日本人が持っていた信仰)観でのモノだ。
「ありがとうございます」
には、言霊(ことだま)と呼ばれるチカラが宿っている。
言霊とは、言葉に宿る“霊力” といったものであり、
すべての言葉に存在し、

「現実を形成する力がアル」が、

中でも
「ありがとうございます」の言霊は、

最高にGOODで非常にパワフルだ。

が、なぜに
「ありがとうございます」には、
それほどのパワーがあるのだろう?
そのワケを知るには
「ありがとうございます」
という言葉の“意味”を知らなければならない。

ものスゴーくはしょって言うと、
「ありがとう」は “神様”を現すんだ。
「ございます」は “おわします=イル、
アルの尊敬語”という意味。
ってことで、
「ありがとうございます」とは
「神様がいらっしゃいます」という意味になる。

え?ドコに?
どこに“神様”がいるの?って、それは
自分の中に・・・だ。

一人ひとりの中に

“神様”がいらっしゃる・・・


まぁ、古神道の世界では
森羅万象
すべてのすべてに
八百万(やおよろず)の神が宿るとされていたわけで、
モチ、人間にもいらっしゃるってもん。

より現実的な解釈をしよう。
「ありがとうございます」
が、なぜ“最高にGOODで非常にパワフル”
なのかというと、
「ありがとうございます」
と口に出すことで、

自分の中にアル

“神の部分”にアクセスできる


からなんだ。
神の部分とは、簡単に言えば、
“イイ自分”ってこと。
“正しく、強い自分”であり、
“無限の可能性に満ちた自分”でもあり
“愛そのものの自分”
「ありがとうございます」
という度に、
そういう自分につながることがデキルというわけ。

通常
「ありがとうございます」って
感謝の気持ちがわいてきた時に使うよね。
コレが、言わば基礎編。
応用編は
「とてもじゃないけど、
感謝の気分になんてなれない!」

というシーンでの、
「ありがとうございます」
お経のように唱えれば、
自分で自分を救うことになる・・・

さてさて、
「ありがとうございます」のおかげで
大きな仕事の話がヤッテきて、
会社 “起死回生”のチャンスを得たヒデ君。
その後の話なんだけど・・・
(第2535話参照)

え?
上手くいっているなら “同居”しているはずでしょ
(第2534話参照)
ですって?
でも、まだ
“別居中”ってことは???

おっとぉ、鋭いところ突いてきましたねぇ。
実はですねぇ・・・


      続く第2537話へ





※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)