FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ 


社交ダンスを始めるということ 第260話へ


ジュンコ先生の教室のホームページ




チョット中休み エッセイvol.62 

東京・次回・開催予定発表

~東京・レインボウ・コネクション(6)~


リポーター
「新しく始まるレッスンとは、一体・・・

もしかして、女子プラですか?」


ヒデ
「その通りです。
なぜ、ソウ思ったのですか?」


リポーター
「今回、
懇親会でフット&レッグケアの伝授があった
とのうわさを聞いていましたし、

シスター試験のことや

新スタイル教師の件で、

東京からも問い合わせが続々、
と、ブログにあったものですから、
(第2087話参照)
それで・・・
女子プラは“大阪”と同じ、
と見ていいのでしょうか?」


ジュンコ先生
「ところが、違うのです。
女子プラも、

東京・スペシャルバージョンです」


リポーター
「女子プラ・東京・スペシャルバージョンですか!?
これは、スゴいことになりそうな予感。
どういった点が異なるのですか?」


ジュンコ先生
「大阪での女子プラの目指すところは 、

“女子力アップ”

女子力を付けたい方なら、
どなたサマでもOKですが、
東京での目標は、ズバリ、

“認定シスター養成”
(認定シスターに関しては第1653話参照)

しかも、ソノ先の

“新・スタイル教師”
(第20812083話参照)

を見越した上での募集となります」


リポーター
「ということは・・・
指導者養成コースの前段階みたいなものと
解釈して良いのでしょうか?」


ジュンコ先生
「そうです」


リポーター
「ソレには、ナニか理由がアルのですか?」


ジュンコ先生
「 はい・・・
指導者を育成することは、
いずれ“ヤラネバならない”ワタシの仕事の1つでアルと、
自覚があったのですが、
“東京”に来るようになって、
さらにその思いが強まったのです。
新スタイル教師に対する展望が、
より具体的になって来たのも、
“東京”に来て、
実際にレッスンをさせていただいてからだったように思います。
“東京”に来たことで決意が固まったという感じでしょうか。
結果
“東京”で、女子プラをヤルなら
『将来、指導的立場になりたいという夢がアル』
という方に絞ろうと思ったのです。
もちろん、
大阪は(女子プラ開催が)毎月ですが、
3ヶ月に1度のペースでしか、
東京に来ることができないと言うことも、
大きな要因です」


リポーター
「今まで、ワークショップやユニプラを受けたことがない
という方でも、応募は可能なのでしょうか?」


ジュンコ先生
「もちろんです。
ブログ読者なら、問題ありません。
また、
『将来、指導的立場になりたいという夢はアルが、
(今現在)実力がナイ』

という方
『夢はアルが、自信はナイ』
という方も、当然Ok
女子プラでダンス力をつけていただけるよう、
指導いたします」


リポーター
「では、次回東京での開催日程の中に、
東京・女子プラもアルのですね?」


ジュンコ先生
「ハイ。

昼の部夜の部が、組み込まれています。

少人数制になるでしょうが、
ジックリ、学んでいただければと思っています」


リポーター
「レッスンの内容も、
大阪でのものとは違うのですか?」


ジュンコ先生
「ハイ。
具体的な種目、内容等は、
正式募集の記事とともに、追ってお知らせいたします」


リポーター
「わかりました。
では、
ワークショップ、ユニプラを含めて
次回の日程を教えていただいていいですか?」


ヒデ
「2013年
2月28日(木)女子プラ(昼) ユニプラ(夜)
3月01日(金)ワークショップ
3月02日(土)ワークショップ
3月03日(日)ワークショップ
3月05日(火)女子プラ(夜)

以上です」


リポーター
「ワークショップの構想は、
いつものように

1日目 踊れるカラダ作り

2日目 ラテン

3日目 音楽


の予定で良いのでしょうか?」


ジュンコ
「ソウですね。
若干、変動はアルかもしれませんが、
その予定ではあります。
ただし、

『より実学・実践的なもの』

を目指したいと思います。
具体的内容は、
この先、募集記事とともに、正式発表いたします」


リポーター
「わかりました。
では、いつものように
ヒデ君に締めていただきたいと思います」


ヒデ
「東京ワークショップ、
ユニプラに参加して下さった皆さん、
本当にありがとうございました。
今回、
大きくナニカが動き始めた・・・そのように感じます。
『ボクたちの夢が皆さんの夢とつながっている』
そんな思いが深まりました。
まさに、

レインボウ・コネクション

ボクたちと
“東京”の皆さんの間に生まれた“虹の架け橋”
大切に育て、
新たな展開につないで行きたいと思っています」


リポーター
「ヒデ君の
『ボクたちの夢が皆さんの夢とつながっている』
を聞いて、
忘れていた件を思い出しました。
ジュンコ先生の

ニュー・ファッションについて・・・」


ヒデ
「ボクも丁度、伝え忘れていた件がありました。
その前に・・・
ジュンコ先生の
ニュー・ファッションに関してですが・・・」


     続く第2149話へ





※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)