FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次 

読者限定ワークショップ 

社交ダンスを始めるということ 第259話へ


ジュンコ先生の教室のホームページ




チョット中休み エッセイvol.57 

インナーレッグ使用について基礎クイズ

~インナーレッグ使用・・・ちょっと、待ったぁ〜(2)~


ハイハイ!
今回は、

インナーレッグ使用を見直すための、

お勉強エッセイですぞ。

んじゃ、

まずはクイズから。

ブログ愛読者のアナタにとっては、メッチャ簡単!
スルスル答えることできるんじゃないかな。

※インナーレッグ=カラダの中のアシ。
具体的には“大腰筋”を指しています。


カッコの中に入る文字を当ててください。

インナーレッグ使用について
 
5つの基礎知識


1. インナーレッグの働きにより、
大腿骨が骨盤ごとカラダの中に引き上げられ
(      )は屈曲、骨盤前傾になる。

2. アシは垂れ下がり、股関節は解放され、
(    )から下もプラーンと脱力できる。

3. インナーレッグは、重心を前、
つまり、胸骨を前方やや上へ置くことで、伸張する。
伸張(      )の繰り返しで歩く。

4. 呼吸筋=上下(       )・腹横筋も、
一緒に作用。
  
5. 背骨を通し、菱形筋とつながっているため
(    )と基本クロスに連動する。  

さぁ、わかった?

では、答え合わせ、いってみよう。
1. 股関節
股関節屈曲=股関節を曲げる
同じ操作を、太もも前面の筋肉
=大腿直筋でもできるから注意。
インナーレッグ使用だと、
骨盤ごと動くってところがスゴい。
ダイナミックな動きになるね。
吊り上げ筋のトリプル使いができれば、
骨盤がクルって感じで前傾になるよ。
でも、ソウなるには、
股関節周辺のゆるみが必須。

2. ヒザ
インナーレッグは、大腿骨についているため。
ヒザ、およびヒザから下は、
チカラが入らないで、プラーン。
って、これも、
ナカナカそうはいかないのよねぇ。
ヒザから下がユルんでいないヒト、
とても多いです。 

3. 反射
インナーレッグは、
人体で最もデカイ“バネ”だ。
ぐぃ〜と伸ばして、あぁもうダメとなったら、
反射で元に戻ろうとスル。
ソンナコンナな自然なバネ操作を利用して、
歩いたり走ったりできるのだ。
だから、歩幅をあげても、
インナーレッグ使用だと移動はスムーズで、
疲れない。
ヒザを先に使う(ロウア)
床を足で蹴る
大股裂きしながら移動・・・とは、
似て非なるものなり。
詳しくは第4741204話を再読してみてね

4. 横隔膜
インナーレッグは上下の横隔膜を
横断するようなフィーリングで存在している。
だもんで、影響をスゴく受けるんだよ。
呼吸筋作用が上手くいっていると、
腹腔(ふくこう)がコンパクトになる。
反対に
腹腔(ふくこう)が、コンパクトになっていない
(アバラが開いている)
と、インナーレッグは使いにくい。
ダンサー的には腹横筋が働かないと、
インナーレッグは使用不可!
と思っておくぐらいでいいだろう。

5.
体幹部でひねりが加わり、腕とクロスに連動するんだ。
基本はクロス。
肩甲骨と骨盤も連動するからね。
上半身、固めるべからず。

さて、
インナーレッグ使用を見直すために
次回より
基礎レッスンを行なうよ。

しかも、3本立て!?


     続く第2049話へ





※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)