fc2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次  

読者限定ワークショップ


社交ダンスを始めるということ 更新しました

足型ばかりでつまらない



ジュンコ先生の教室のホームページ


女子プラ(4月)募集中です!




女子力向上・プラクティスシリーズvol.11 

ココロとカラダの癖を知る

“アナタ、ホンバン強いですか?”(2)


前回の続き。

「本番に弱い女子が多い」とジュンコ先生。
本番に強くなるには、

ホンキ実力を付ける必要があると言うのだが・・・

さて
ホンキ実力を付けていくには、
ジュンコ先生、どーしたら良いんでしょ?


ジュンコ先生
「自分の

ココロとカラダの癖を知って、

改善に乗り出す事が大事ね」


癖、ですか?
癖って・・・自分で分かるものなんですか?


「癖は習慣化しているモノだから
自分で見抜くのは、ちょっと難しいでしょうね。
でも、改善は必要。
イザ本番というとき、その癖のせいで
本来のチカラが出せないコトがもっぱらだから」


個人のココロやカラダの癖の改善を
女子プラではどうやって取り上げて行くのですか?


「まず、機会を見ながら、
一人一人と踊ってワタシが“診断する”わ。
ちゃんと見極めてから、本人に知ってもらう、
自分がどんな癖をもっているかを」

 
わぁ、怖いなぁ。
でも、知っておいた方が、絶対良いですよね?


「エエ、もちろん。

自覚することが大切よ。

そして、

忍耐強く直していくこと。

癖って年月がかかってできたものが多いからね。
それに、
過去に習ったダンステクニックのなかで、
上手くカラダと折り合っていないものなども
癖となってしまっているコトが多い
わ。
例えば、
ある女性
ワルツのナチュラルターンで、
左ヒジがグッと落ちる癖があったの。
ナニか意識的にヤロウとしていることがあるのか?
と尋ねると
内回りを意識していること
左側の軸を意識していることなどを話始めた。
外側の筋肉だけでやっていたために
結果、
左ヒジが落ちていたという訳なのね」


本人は、
ヒジが落ちていることは、知らない?


「エエ。
全く知らない。
診断を言い渡すと驚いていたわ。


また、ある女性
男性と組もうとする瞬間
自分のエンジンを切ってしまう癖があったの。
カラダから活力がなくなる。
ナニを意識しているのかを尋ねると
カラダの前面コンタクトをかなり意識しているという。
太ももやボディ前面を触れ合って、と、やっていると
自分を失ってしまっていたのね」


男性と組む瞬間って、

ムズカシイですもんね。


「そう、このとき、
さまざまな癖が出やすいの。
スタートからナチュラルスピンターン
コレだけで、診断ができるものなのよ」


それって、
男性も同じですか?


「ええ、そうね。
スタンディング・ポジション(立ち方)
組み方
スタート
ナチュラルスピンターン
・・・このあたりに凝縮されて来るものだから」


ルンバでは?


「基本的には同じね。
スタンディング・ポジション(立ち方)
組み方
スタート
オープンヒップトゥイスト」


で、診断は具体的にどんな?


「ソレはね・・・」


       続く第1872話へ





※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)