FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次  

読者限定ワークショップ

社交ダンスを始めるということ 第203話へ


第12回 社交ダンスが上手くなるということ

読者限定 ワークショップのご案内はこちらへ





チョット中休み エッセイvol.45 

最後に龍がのこる!?

~ドラゴン・パワー到来!(4)~


ドラゴン・パワーのお話の締めくくりに、
とっておきのモンを一つ・・・

実は、仏教聖典(仏教の経典をわかりやすくまとめたもの)
の中では、
龍は、

「煩悩(ぼんのう)の尽きた心」

を表すとされているんだ。

「“自己”を掘り下げ、

煩悩を解放した先に、

人は龍に到達する(!?)」


とも。
な、ナンのこっちゃぁ!??!でしょ。

解説の前に
煩悩(ぼんのう)って知ってるかな?
先日、大晦日に除夜の鐘が鳴らされた・・・
コノ回数、
108は煩悩(ぼんのう)の数だと言われているよね。
して、煩悩(ぼんのう)とは?
簡単にまとめれば
“人間の心を乱すもの・悩ませるもの”の総称かな。
その中身は
貪(とん=貪欲に求めること)
瞋(じん=自分の心に執着して怒ること)
痴(ち=無知で愚かな考え方にとらわれること)
の“三毒”に帰結(きけつ=結論に落ち着くこと)する、
などと言われているけど、
人の崇高な心の営みでアル“愛すること”も
とらわれる想いがあれば、煩悩と化す・・・
ならば、考えること・思うことのほとんどが、
ボンノーになっちゃうじゃん!?
てな、難しい話。


さて、
上記仏教聖典に載っているのは以下のようなお話だ。

ある人が“夜は煙って、
昼は燃える蟻塚(ありづか)”を見つけた。
賢者にそのことを語ると
「では、剣をとって深く掘り進め」
と。
言われるままに、その蟻塚を掘ってみた。
すると、色々なものが出てきた。
はじめに
“かんぬき”(門や建物の出入り口の扉を閉ざすための横木)
次は
“水泡”(すいほう=水のあわ)
次には
“刺又”(さすまた=相手の動きを封じ込める捕具)
それから箱、亀、と殺用の刀・・一片の肉が次々と出てきて
最後に龍が出た。
賢者にそのことを告げると
「それらのものをみな捨てよ。
ただ龍のみをそのままにしておけ。
龍を妨げるな」

と教えた。
チャンチャン

ココに出てくるモロモロは
ナニカに例えたものなんだよね。

「ある人」というのは道を求める人のこと。
「賢者」とは仏のことだ。
「蟻塚(ありづか)」というのは、人体のこと。
「夜は煙って」というのは、
昼間したことを夜になっていろいろ考え、
喜んだり、悔やんだりすること。
「昼は燃える」というのは、
夜考えたことを、昼になってから体や口で実行すること。
「剣」とは知恵のこと。
「深く掘り進む」とは努力すること。
「かんぬき」とは、
無明(むみょう=無知による迷い)のこと(煩悩の根本原因?)
「水泡」とは怒りと悩みのこと。
「刺又」とはためらいと不安のこと。
「箱」とは、
貪(むさぼ)り・瞋(いか)り=怒り・怠(おこた)り・
浮わつき・悔い・惑(まど)いこと。
「亀」とは、身と心のこと。
「殺用の刀」とは、五欲のこと。
「一片の肉」とは、楽しみを貪り求める欲のこと。
これらは、みーんな、
人間の毒となるもの=煩悩であるから
「みな捨てよ」
で、
最後の「龍」とは、煩悩(ぼんのう)の尽きた心のこと。
「わが身の足下を掘り進んでゆけば、
ついにはこの龍を見ることになる」

てな、お話。

仏教の中では、

龍って守護神なんね。

ドラゴン・パワーは、

「ヒトの精神的エネルギーを増幅させ、

現実世界をつくりだす」


一方で、

煩悩からの解放のシンボルでもある

ってところが面白い。

ワタシ的にはこう解釈しているよ。

ヒトが、

「とらわれなし、執着なし、

怒りや悩みなし」


高度なレベルに達するほどに、

精神的エネルギーは増幅され

現実世界をつくり出しやすい・・・


このブログにもドラゴン・パワーが宿り、
読者の皆サマのダンス人生に少しでも貢献できるよう、
精進いたしますんで、
今年もどうぞよろしくお願いいたします!


      続く第1808話へ





※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)