fc2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次  

読者限定ワークショップ

社交ダンスを始めるということ 第145話へ




ダンスの 根本的“なぜ?”の解決に迫る
快刀乱麻クリニック

正しいガイドラインが内在している

ポイズを目指せ!


~足・脚を活かすための身体操作~


3つの軸の解説、終了。

でも、こんな声が・・・

「疑問が2点あります。
1つ目は、
重力軸と体軸の違い・・・決定的な違いがわかりません。
2つ目
ポイズは
『直立してじーっとしているとき以外のすべての時、
カラダの中に通る軸』
ということですが、
『軸をまっすぐにしながら、動く』
って、無理なのですか?
いい姿勢の人は、まっすぐの体軸を保ったまんま、
動いているように見えるのです。
角度がついているように見えませんが」


答えていこう。
まず1つ目
決定的な違いは、
重力軸は、
人間以外の重みのあるものすべてに働く軸
体軸は、
人体=人のカラダにのみ働く軸・・・ってことだ。

モノにある軸も、人体にある軸も基本、まっすぐだ。
なぜなら、
地球がまっすぐに引っ張ってくれるから。
ただし、人体は“作り”が複雑だし、
筋肉のリキミなどのせいで、
モノのように「純粋なまっすぐ」に、なかなかならない。
カラダがゆるみ、
りきみがすくないカラダの人ほど、
純粋にまっすぐな軸が形成される。

2つ目の解説。
ダンスやスポーツに限らず、
人は、
直立不動状態の姿勢でいることは、ほとんどない。
ってことは、

「軸をまっすぐに保ちながら、動く」は、

現実には存在しない


と思っておいた方が迷わないだろう。
なぜなら、
例えば
歩き出そうとスルだけで、
カラダは前傾してしまっているってもん。
ただし、ソノ(前傾する)角度は非常に微妙だし、
骨盤の角度
背骨、一個一個の角度・・・てな具合に、
目に見えないところで行なわれている作業なんだ。

「じゃぁ、
軸をまっすぐにしようとしながら、動くことって、
良くないことなのですか?」


そう!
というか、
何度も言うようだけど、現実、重力下では無理なんだ。

でも、
「トップダンサーの姿勢はきれいでしょ?
まっすぐの体軸を保ったまんま、
動いているように見えるじゃん!?」

って事実も、アルよね?
これは、どー言うことかというと、
「カラダの中の崩れ方、つまり骨盤や背骨の角度が
動きに対して
非常に正確で、秩序正しい」
ということ。
こういう事が自動的にできる人こそが、
「体軸と重力軸が一致している人」なんだな。
言い換えれば、
「体軸と重力軸が一致している人」の動きは、

「どんなポイズをしていても

まっすぐな正しいガイドラインが

ちゃーんと内在している」


だもんで、言わば、
ホンマに(悪い意味で)崩れてはいないんだ。
で、そーいう状態が
“まっすぐきれい” に見えるってもの。
だもんで、ダンサー諸君!

 「正しいガイドラインが

内在しているポイズを目指せ!」



     続く第1609話へ





Real Junko Voice
(目次)

スペシャルバージョン253

~運命の赤い糸~ 

“運命の赤い糸”について、話そう。

「将来結ばれるべき男女は、
小指と小指を(見えない)運命の赤い糸で結ばれている」

中国由来のロマンティックな伝説だ。

赤い糸かどうかは、別として、

「出会うべくして、出会ったのね」

という、特別な出会いは、確かにある。

しかも、こういう出会いは、男女の関係だけではなく、
人間関係全般にアル・・・ことは、
多くの人が、気がついていることだろう。

自分の人生の岐路に立ったとき、
とある人との出会いがきっかけになり、
新たな展開が始まって・・・

「あぁ、この人とは、運命的な出会いだ」

こういったケースは、すべて、
言わば“運命の赤い糸”によるものだ。

が、“運命の赤い糸”は、
「前世で深く関わった人と、今生でも、出会う」
「アナタと出会うことは、生まれる前から決まっていた」

つまり、
“スタッフ会議”で決定された人同士のものだけではない。

なんと、
運命の赤い糸は、増えていく、のだ。
しかも、
誕生してから、生きている過程でつながる糸のほうが
強力に働くケースも多い。

ヒデ君に言った。
「ワタシタチの場合も、
そうだった、みたいね」

「え、
生まれる前からの約束じゃなく?」

「うん、
予定が変更されて、出会ったみたい」

「な、なんじゃぁ??」



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)