FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次  

読者限定ワークショップ

社交ダンスを始めるということ 第60話へ




特別シリーズ 
社交ダンスを教えるということvol.10 

パラダイム転換に導く

ダンス教師・七色変化(18)


ダンス教師の普遍的役割

その2 

パラダイム転換に導く役割

パラダイム?
パラダイム転換って、なーんだぁ?
について、“虎の巻”には、こんな風に記している。
(第171話にものってます。参考にしてね)

「パラダイムとは『モデル・既成概念』の意。
私たちの世界を見る見方であり、
コレによって世界を解釈し、認識し、理解する。
言わば、頭の中にある専用の“パターン”である。
私たちは、この“パターン”からから自分なりの常識を生み出し、
とるべき行動や態度、
考え方そのものの規範(きはん)にしているのだ。
“パターン”自体について考えたり、
疑問視したりすることは滅多になく、
あまりに自分の一部になってしまっているため、
その存在を意識することさえ、稀(まれ)である。
パラダイム転換とは、
その“パターン”そのものを新たな目で見直し、
書き換えていく作業である」

パラダイムって、まぁいや、

「自分なりの大前提よ。

「〇〇って、△△だろう?当然」ってなもん。
例えば、
「男性のホールドって、
ピシッとヒジを張って、
しっかり枠を作るものだろう?当然」

とか、
「リードって男性がするもので、
女性はソレに従うもんでしょ?当然」

って感じで、
自分にとっては当たり前の常識、
そこから、色んなことを判断する基準ともなるものだ。

お、こんな声が聞こえてきたぞ。

「社交ダンスの世界って
きつーいパラダイム持っている人、多いわよねぇ。
ただ単なる“思い込み”“決めつけ”の・・・」

実は、そうなんだ。
そんでもって、言っちゃえば
「良いパラダイムを手に入れた人は、
ダンス上達の道へ自然と導かれていくだろう。
悪いパラダイムに縛られている人は、
ソレを手放す=パラダイム転換をしない限り、
ある水準から以降は、
決して上手くはならないだろう」

ってもん。
だから、
自分がどんなダンス的パラダイムを手にしているか?
って、非常に重要なんだ。

上記、真理をよーく理解し、
「生徒さんを、

より良いダンス的パラダイムに導くこと

悪いパラダイムの人には、その転換をススメ、
ソコから抜け出すサポートをすること」
が、ダンス教師の大事なお役目。

特に、ビギナー時代に、
教師が生徒さん与えるパラダイムは重要だ。
この頃に植え付けれたパラダイムは、
ダンス人生を通し、常に強力に働くからだ。

また、どんなに良いパラダイムであっても、
真にダンス的成長を遂げていくためには、
常にパラダイムの刷新
(さっしん=弊害を除き去って、全く新しいものにすること)
を試みたほうがいいんだな。
つまり、
ある段階にまで達したら、

あえてパラダイム転換をやってみる

って必要よ、という訳。
ソノ辺りのことについて、虎の巻にはこう記されている。

「ダンスの成長に伴い
さらに良いパラダイムへと、
上手に無理なく転換させ続けることも、
ダンス教師の大事な役割である。
どんなレベルの人にも、一つの成長がある点にまで達し、
飽和状態を迎えた段階で、
実は、パラダイム転換が必要なのだ。
さらなる成長のためには、必須。

同じ技術でも、

見方が変わればまた世界が変わる
からだ」

ダンス人生を送っている間中、
“パラダイム転換”し続けることが、
望ましいテクニックの最たるもんが、

“ホールド”に関するテクニックだろうね。

ホールドは、ダンスの超初級の頃に習うテクニック。
でも、上達に伴い、
カラダ自体や、感覚も変化していくでしょ?
その度事に、見直して、
更なる良いホールドを探していかねばならないものなのだ。

ちなみに、
ダンス教師自身が、成長を怠り“止まって”しまい、
低いパラダイム=思い込み・決めつけから
脱しきれなくなったら、大変だ。
また、反対に、
自分の都合で、パラダイム転換を図る、
(留学し、新たなテクニックを仕入れるなどして)
ソレを熟考し、噛み砕き、自分のものになっていない間に、
生徒さんに強いる・・・はもち、NGだ。


       続く第1308話へ





※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)