FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次  

読者限定ワークショップ

社交ダンスを始めるということ 第19話へ




チョット中休み エッセイvol.30 

重力サマによるワークショップ案内

~エネルギーからのアプローチ(後編)~



音楽サンに続きまして・・・
お待たせいたしました、もう一方、
素晴らしいゲスト兼コーチャーを紹介しまーす。
重力サマです。
重力サマ、お久しぶりですぅ!」
(第756話参照)



「ワタシは“サマ”なんだね。
音楽は“サン”つけなのに。
そんな差をつけていいのかな?」



「もう、
しょっぱなから、いじめないでください(笑)
特に、意味はありませんから・・・
という訳ではなく、
重力サマはやはり“格”が違いますので。
なんたって、音楽エネルギーよりも、
支配的・絶対的じゃないですか!?
音楽は、はねのけることができちゃう、
でも、重力は、できない。
逆らおうとすれば、エライ目にあいますもの」



「お、今回はやけに突っかかるね(笑)
まぁ、そうだね。
ワタシには逆らえないだろうね、
この星(地球)にいる限りは。
でも、ダンサーの中には、
反抗する者も多いんでね、少し、驚いているんだ」



「反抗? 
そんなこと、できます?」



「あぁ。
カラダを一生懸命、鍛えて、
特殊能力を身につけようと試みる者が多いだろう?」



「えぇっ!?どういうこと!? 
カラダって、鍛えちゃダメなんですか?」



「ワタシと仲良くするためなら良いさ。
でも“そうではない方向”で鍛えたら、
結局は、ワタシと仲良くするために、
人体に備わった仕組みを知ることがない。
知ることがないから、その恩恵をいただくこともできない。
もったいない話だろう?」



「それは、鍛え方が悪いということですか?」



「悪いというか、
人体のデザイン通りのことをすれば良いんだが、
特殊性を追求しようとする、これが、良くないんだ。
どんな鍛え方をしても、
カラダはそれなりに応えてしまうから、少々厄介だ。
結構柔軟に対処できるように作られてはいるからね。
でも、
故障の原因になるし、
年齢によっては、行き詰まりを感じてしまうだろう。
なぜなら、
カラダ本来の仕組みでは“ナイ”ところまで
鍛えようとしてしまうんでね」



「でもぉ、最近は、
競技選手なんてそんなこと言っていられないんですよ。
もう、スポーツですからね」



「その発想がもう、間違っているのさ。
スポーツはカラダを“破壊”しないとできない、
という訳ではないはずだ。
スポーツは、本来、
人体の可能性を引き出すためには良いものだ。
でも、その可能性とは、
人体にもともと備わっている
“仕組みの範囲内”だけでもう十分なんだ」



「ということは・・・
あ、そうか、無理しなくっていいんだ。
人体の仕組みの通りで・・・。
つまり、人体の仕組みって、
想像以上にスゴイものなんですね!?」



「ソウいう解釈で良い。

人体に備わった“仕組み”は、

素晴らしいし、驚くべきもの
だ。

だが、それこそが、

本物のナチュラルだ。

ただ、人によってはソッチを、
『特殊だ』と捉えてしまうかもしれないね」



「あのぉ、違いって、なんですか?
“人体の仕組みが開花した超ナチュラルな状態”と
“無理をした特殊な状態”との違いは?
ソレッて分かるものなんですか?」



「わかるさ。
仕組みからのものは、正しく鍛えれば、誰にだって可能。
カラダは破壊されないから、健康にもなるだろうし、
カラダ本来の進化を目の当たりにできる面白さもアル。
そうでない特殊なものは、
いわゆる“才能”のある者や、年齢的に若い者、
骨格や筋肉がもともと特殊な者にしか、できない。
普通のカラダの持ち主や、
年齢が高い者は、無理を強いられることになるだろう」



「あの『誰にだって』というのはうれしいのですが、
でも、個人差ってありますよね?」



「個人差を楽しむことができる。
自分にとっての

最高を体験できるから、基本的には平等なのさ。

自分は個性的なこの世でたった一つのカラダを持つ。
でも、人体の仕組みという深い地点ではみんな同じだ、
だから一緒に踊ることができる。
ソレこそが、ダンスをする楽しみではないのかな?」



「なるほど、その通りですね。
ひょっとして、今回のワークショップでは
特殊性を排除した仕組みからのダンス
の手ほどきをコーチしていただけるとか・・・」



「そう、頼まれている。
エネルギーという視点から、組み立てて行くつもりだ。
ワタシは、エネルギー的には2つの作用があるからね。
垂直パワーのエネルギーと、
床からの反作用エネルギー。
そのどちらもの

エネルギーを

ちゃんとカラダの中に招き入れ、

循環させることのできる、

ナチュラルなカラダ作りの提案
と、

ソコから生まれる、

ナチュラル・ダンスのススメをやる予定だ」



「わぁっ!出そろいました。

・音楽エネルギー

・垂直パワーのエネルギー

・床からの反作用エネルギー


ダンス3大エネルギーが・・・
でも、なんか難しそう」



「心配は無用だ。
非常に基本的なところからやるつもりだからね。
なぁに、
エネルギーの実践は、実はシンプルなものなんだよ。
徹底してそれだけの訓練を受ければ、
即効性もある

なんせ、3つとも、強力なエネルギーだものでね」



「捉えようによっては
第1回目のワークショップ
『ダンスは突然飛躍する』に匹敵するような!?」



「あぁ、もちろん。
ただ・・・」



「え、何か問題ですか?」



「ワークショップ当日、ワタシはしゃべることは、ない。
直接的には“先生”がいるからだ。
必要なもののすべては当日までに“先生”に伝授しておく。
ワタシは、他にヤルことがある」



「やること?」



「そう、ワークショップ参加者すべての人体
普段より大きく、分かりやすい作用を及ぼすことだ。

ワタシと仲良くなる方法を、

カラダで知ってもらう
ためにね」



「すごい!
異例特例の大サービスですね!?」



「さっき、音楽クンも同じことをすると言っていたよ。

“お祝い”にね」



「お祝いって!?」




ワークショップ1周年の、だよ・・・」


ってことで、

第5回

社交ダンスが上手くなるということ

読者限定 ワークショップ


“幻のテーマ” は、
コレだ!

エネルギー操作によるナチュラル・ダンシング

音楽エネルギー
垂直パワーのエネルギー
床からの反作用エネルギー
ダンス3大エネルギーを運用しやすいカラダ作り

反対に、

3大エネルギーからカラダを作っていく

実践もするよ。

で、目指すは、

カラダの仕組みにのっとった

ナチュラル・ダンス!


いつも通りLEVELゼロから行なうんで、
初心者でもOKな内容になっています。


第5回 ワークショップの詳しい情報は、

コチラへどうぞ。


      続く第1163話へ





※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)