FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次  

読者限定ワークショップ

社交ダンスを始めるということ 第8話へ




さっそくエクササイズに取りかかろう。

カラダの中からS・S・T
(エス・ティー・ティー=スイング・スウェイ・ターン)

始めに、全体のおおざっぱな説明からね。

エクササイズは大きく分けて、3種類

そして、

1種類につき、2つのパターンがある。

合計6種類のアクションってわけ。

コレを、
1. イスに座ったままする(チェアー・ボディ・ワーク
2. 立ったままする

1の方が基礎になる。
1で、カラダの中の動きが自覚できるようになった方が、
2の学習効果は上がる。
2は、実践向きだ。
骨盤インナーマッスルをくまなく鍛えられるだろう。

ポイントは、音楽をかけてやることだ。

ワルツまたは、スロー・フォックストロット
ワルツなら、
1・2・3で一つのアクション
スロー・フォックストロットなら、
1・2・3・4で一つのアクション


1種類目 前後のアクション 

パターン1 脚と腕が一緒
(体重の乗った方の腕に前に動かす)

体重を右足に乗せる(イスの場合は右座骨に体重)で、
右手を前に伸ばしていく。

ポイントはカラダの中から腕を動かすこと。
伸ばし加減は、大きくても小さくても良い。
カラダの中がグチヤァと動けば可。
このときの骨盤は、左が高く
コレがキモ。
なっていなかったら、
インナーマッスルの吊り上げなど活動が足りない証拠
チョイわざと吊り上げてヨシ。
左足先が床から離れる、
または、指先がかろうじて床に触れている、を目指す。
カラダの中もぎゅーっと締まってる感じ・・・ならGOOD
(イスの場合も同じ。座骨がイスの面から離れるまでを目指す)

体重を左足に乗せる(イスの場合は左座骨に体重)
で左手を前に伸ばしていく

このときの骨盤は、右が高く
コレがキモ。
後は同じ。

①②を繰り返す。

パターン2 脚と腕が反対
(体重の乗った反対の腕を前に動かす)

体重を右足に乗せる(イスの場合は右座骨に体重)で
左手を前に伸ばしてく

骨盤は、左が高く

体重を左足に乗せる(イスの場合は左座骨に体重)で
右手を前に伸ばしていく。後は一緒

骨盤は、右が高く

①②を繰り返す。


2種類目 左右のアクション 

パターン1 脚と腕が一緒の動き
(体重の乗った方向に両腕を置いたところからスタート)で

体重を右足に乗せる(イスの場合は右座骨に体重)
両手を右方向にスタンバイ

体重を右から左に運ぶのに合わせて、
両手も右から左に運ぶ。
骨盤の高さは、
右体重の時は左 左体重の時は右が高くなる。
カラダの中をぐちゃぐちゃ動かしてね。

体重を左足に乗せる(イスの場合は左座骨に体重)で
両手を左方向にスタンバイ

体重を左から右に運ぶのに合わせて、
両手も左から右に運ぶ。
骨盤の高さは、
左体重の時は右 右体重の時は左が高くなる。

パターン2 脚と腕が反対の動き
(体重の乗った反対方向に両腕を置いたところからスタート)

体重を右足に乗せる(イスの場合は右座骨に体重)で
両手を左方向にスタンバイ

体重を右から左に運ぶのに合わせて、
両手は左から右に運ぶ。
骨盤の高さは、
右体重の時は左 左体重の時は右が高くなる。

体重を左足に乗せる(イスの場合は右座骨に体重)で
両手を右方向にスタンバイ

体重を左から右に運ぶのに合わせて、
両手は右から左に運ぶ。
骨盤の高さは、
左体重の時は右 右体重の時は左が高くなる。


3種類目 上下のアクション 

パターン1 脚と腕が一緒
(体重の乗った方の腕を下に動かす)

体重を右足に乗せる(イスの場合は右座骨に体重)で
右手を下におろしていく。左手は挙げる

カラダの中がギューッて動き、
ボディの右半身がグチヤァッてつぶれた感じで、
ソレに連動し、骨盤は、左が高くなって行く感じなら合格。
足先は床から上がること。(イスの場合は座骨が)
ブラブラするくらいを目指す。

体重を左足に乗せる(イスの場合は右座骨に体重)で
左手を下におろしていく。右手は挙げる

骨盤は、右が高く

パターン2 脚と腕が反対
(体重の乗った反対の腕を下に動かす)

体重を右足に乗せる(イスの場合は右座骨に体重)で
左手を下におろしていく。右手は挙げる。

骨盤は、左が高く(右じゃないのを要確認)

体重を左足に乗せる(イスの場合は右座骨に体重)で
右手を下におろしていく。左手は挙げる。

骨盤は、右が高く(左じゃないのを要確認)


       続く第1126話へ





Real Junko Voice
(目次)

「もう一つの学連物語」
vol.248 ~身の程を知るための、留学!?~ 

「僕らは、いくつかの段階を、
飛び越えてしまってるんやないかな?」
“その人”が言いました。

果たすべきプロセスを順番通りにこなさずに、
“背伸び”してしまっている?
という話のようです。

「まだ、ロンドンに来るには、早すぎた。ということ?」
ワタシが尋ねると

「ソレを知るために、
わざわざロンドンにやってきた、
ロンドンにまで来ないと、ソレが分からなかったから、
来たのかもしれんけどね」
“その人”は、静かに言います。

なんだか、腹が立ってきました。
カラダの奥底から、ため息をつきたい心境になりました。

そんなワタシの気持ちを察したかのように、
“その人”は言いました。
「コッチに来て、自分の“身の程”を知った。
色々、根本的に考え直す必要もあると、分かった。
それだけでも、この留学は価値がある」
自分に言い聞かすような口ぶりではありましたが・・・

ワタシの気分はすっきりしません。

ソウいえば、
今週末、もう一回、H夫人のレッスンが入っています。

ソノ前にも、たくさんのレッスンが控えています。
あ、
明日、また“初めての出会い”が待っていることを思い出しました。
スタンダードの名選手だった、彼・・・

憂鬱な気分でのスタジオ入りになりそうです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)