FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次  




特別シリーズ 
社交ダンスを教えるということvol.7 

上級者ホールド・テク どうあるか?

ダンス実学主義の夜明け ⑲


第912話より引き続いて。
上級者向け、実学となるホールド・テクニックとは? 
のお話だ。

上級者が目指すべき、

三方良しホールドは、

作り方が難しい、と、ジュンコ先生。
理由は色々アル。
個々のカラダは違う
習熟段階も違う
自覚と実態が違う
主観と客観のズレなど・・
(第912913914話参照)
これらのせいで、
「ホールド・フレームは、こういう風に作るんですよ」
みたいな決定的なマニュアル伝授が不可能。

だが・・・ジュンコ先生は言う。


ジュンコ先生

普遍的テクニックは、伝授可能。

つまり、誰にでも共通の“基盤”“基礎”の部分ね」



「つまり、上級者ほど基礎に戻る、
いや、戻るべきと言うことですか?」


ジュンコ先生
「そうとも言えるわ。
そして・・・コレは、
ホールド・テクニックだけに限ったことではないけれど、
上級者になればなるほど、
『何をするべきか』
いわゆるマニュアルみたいなことを教えるよりも
『どうアルべきか』
みたいな意識・考え方を提言した方が、良い。
実学になる




「ということは、
三方良しホールドをつくるために、
『アレしなさい、コレしなさい』
と具体的指示を出すよりも
『こういう考え方を、各自でカタチにしなさい』
と言うほうが、実学になるということですか?」


ジュンコ先生
「その通り!
上級者は自分で考える力を持っているからね。
自分のカラダの習熟度に照らし合わせて、
“仕入れた”考え方を自分用に膨らますことができるし、
ソレをすることが、また、楽しくもある。
かえって、アレコレ指示を出されると、
困惑する人もいるくらいね」

「例えば、ホールドのカタチを作る際
『肩甲骨をこの角度でこう使いなさい』
と、教えるのではなく
『本来、肩甲骨はアバラの上に浮いていて、
鎖骨にくっついているだけ
だからとても動くように作られている』
といった、普遍的な知識と
『だから、肩甲骨辺りが固まっている人は緩めましょう』
コレだけで、自分のフレームに
変化をもたらすことができる人もいるわけ」



「なるほどね。
ワタシはまだまだ、上級者じゃないや。
だって“指示待ち族”なんですもの(笑)
あのぉ、伝授可能な普遍的な、
ホールド・テクニックについてなのですが、
ソレには、どんなモノがあるんですか?」


ジュンコ先生
「OK、ざっと挙げるとね、

・肩甲骨と鎖骨・上腕骨・前腕骨・手首・手からなる
“腕部フレーム”部位と体幹部を、分離させる。

・“腕部フレーム”部位は骨格により形成
体幹部はエネルギーがスムーズに流れるように、
インナーマッスルを活性化

・腕はドコからか、脚はドコからか?を確認。 
腕は徹底的にリキミを取る。
「脚部はみぞおちから」を徹底。

・体幹部での、腕と脚のつながり確認

・各自が床からのエネルギーをカラダに循環させる

・相手とエネルギーを分かち合いコンタクトする




「なんか、すごい内容!むずかしそう」


ジュンコ先生
「言葉にすれば、そうなっちゃうわね。
でも体感・体験すれば、ソレが実学となるわ」


      続く第916話へ





Real Junko Voice

「もう一つの学連物語」
vol.91 ~ 身近な死の病 ~
 
ガンという不穏な響きは、
ワタシにとってそれほど遠いものではありませんでした。
大好きだった母方のおじいちゃん(Voice29に登場)の命を奪ったのは、
胃ガンでした。
父方のおじいちゃんも、肺ガンで亡くなっています。

そして、実は、
つい1ヶ月前にも“義理の母”をガンで亡くしていたのです。
言うまでもなく、Y氏の実母です。
末期の胃ガンでした。

「今、連絡があった。おふくろが昨日入院したらしい」
と、東京出張中のY氏から電話があったときは、
まだ気楽に構えていました。
「検査入院のようだけれど、どんな様子か見てきて欲しい」
「父がそばについているから心配ないと思うけれど、
何か手伝うことがあるかもしれないのでお願いする」
そんな依頼でした。

病室に着くと、すぐに
「これから、先生のところに検査の結果を聞きに行くので、
ジュンコさんも一緒にお願いします」
と、“義理の父”から言われました。

ワタシはY氏への報告にと思い、
メモを取る用意をしながら、後からついていきました。

そして、とんでもない話を聞くことになったわけです。

「末期の胃ガンです。
体調が悪いのは、たまった腹水のせいです」

ガン!?
お母さん、そんなに悪いの? 

全く予期せぬことだったらしく、お父さんは
「ソウですか・・・」
と言ったきり、固まってしまいました。

「残念ですが、もって数日でしょう」
すでに手遅れ、との宣告。
続いて、延命処置についての話に移り・・・
ワタシは何がなんだか分からないなりに、必死でメモを取り続けました。

ドラマのようだ、と思いました。
ガンの告知シーン。

そのすぐ後に、
自分も同じような目に遭うとは、想像もつかなかったことです。

2日後、
宣告どおり、お母さんはあっけなく逝ってしまいました。

そういえば、
不思議なことがあったのです。

それは、通夜の晩・・・



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)