FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次  




特別シリーズ 
社交ダンスを教えるということvol.7 

リラックス・ホールドのオススメ

ダンス実学主義の夜明け ⑮


前回の続き。

ホールド・フレームで絶対、外しちゃダメな意識・・・

その1
フレームは二人の共有だ
その2
フレームの運動はカラダの中で
脚部の運動と連動している

その3 
フレームに関する部位は関節が多いため、
自由性がある


以上をふまえて、
中級者のホールド・テクニック、

実学にするにはどうすりゃいいの?

をジュンコ先生に聞いてみよう。



ジュンコ先生
「その1・2・3に共通なのは、

フレームにリキミがあったらできない

ってことね。
腕・手に無駄な力が入っていると、
『相手と共有しているつもり』で、終わっちゃう。
脚部との連動も、無理。
『みぞおちから脚のつもり』でも、
実はやっぱり脚しか動かしていないことになるわ。
関節も、当然不自由でしょうね。
肩を痛めたりってコトが多いのも、中級者の特徴。
だからこそ、徹底してリキミを取ることが必要ね」 



「リキミがないホールドが良いってことは、
よくわかるのですが、
こんな(目の前でカッコウをやってみせる)
ダラ~ッとした、
崩れたホールドになってしまいそうで」


ジュンコ先生
「そのダラ~ッとした崩れたホールドってのも、
実はリキンでいるからなのよ」



「え、そうなんですか?」


ジュンコ先生
「そのリキミは腕・手ではないことが多いけれどね。

カラダのどこかが

不必要な緊張感を持っている


からそうなるのよ。
ソコの部分のリキミをとって、
適切な緊張感をカラダに与える訓練を積めば、
本当に、リキミが取れたフレームが手に入るの」



「では、ホントウにリキミが取れた
フレームになるためには、

適切な緊張感・・・

つまり、シッカリしないと
ダメなところがあるということですか?」


ジュンコ先生
「ええ。

体幹部のインナーマッスルは

シッカリと活性化
しないと、

本当にリキミがないフレームは難しいわね。
中級者の方の良いホールド・テクニックのためには
肩甲骨辺りの柔軟さや、インナーマッスルの強化は大切、
表面的なカタチを作ることではなく、ね」



「じゃあ、
そうして出来上がったリキミの取れたフレームは
こんな感じ(もう一度ダラ~ッとした、
崩れたホールドカッコウをやってみせる)
にはならないのですか?」


ジュンコ先生
「ええ、ソウなのよ。
パーティなどで推奨される

“リラックス・ホールド”

も、ちゃんと訓練をすれば、美的なホールドになるわよ。
ワイドなホールドに移行する前段階としては
特に練習になるわね」



「リラックス・ホールドって、
ただフレームを小さく折りたたんでいるだけだと
思っているのですが違うのですか?」


ジュンコ先生
「実はソウじゃないのよ。
フレームワーク(腕の使い方)の練習に
とてもオススメよ。
フレームと脚部との連動感覚の練習にも最適。
ダイレクトにボディの中の動きが分かりやすいからね」



「リラックス・ホールドから、
競技会的なワイドなフレームに移行するときも
無駄な力は入れないわけですよね?」


ジュンコ先生
「モチロン!
リラックス・ホールド練習で、
インナーマッスル強化ができれば、
リキム必要はなくなるわ。
後は、
エネルギーをカラダの中に取り込む訓練を積むことね。
あのワイドなホールドの正体は

エネルギーだから・・・」

「リラックス・ホールドの詳しい説明については
またオイオイゆっくりとお話しするわ」


      続く第912話へ





Real Junko Voice

「もう一つの学連物語」
vol.87 ~ エコー検査・良性 ~
 
ワタシの胸を触診した女医さんは言いました。
紹介状を書いてあげるから、精密検査を受けた方がいい。
緊迫した表情です。

ワタシは驚き、尋ねます。
良くない、モノ、かもしれないということですか?

先生はうなずきます。

ワタシはあわてて言い張ります。
悪性に変わることはないといわれたのですが・・・

それには何も答えず、
「ここでも簡単な検査はできますから、ソレを受けてください」

別室でのエコー検査。
今度は男性の若い先生です。
結果を淡々と告げます。

良性。

ただし、このまま
このままほっておくと、ドンドン大きくなったり、
痛みが出てくるかも知れない、
そのときには、“切る”ことも考えたほうが・・・

過去に受けた診断と同じです。
気分はいっぺんに軽くなります。

手術を受ける意志を告げると、
あ~そう、そのほうがいいカモね、
といった感じで、先生の事務的な説明が始まりました。
非常に簡単な手術であること
ただし、傷がいえるまでは3週間くらい激しい運動はできないこと。
ちょっとの間、ダンスができなくなる、
ソレだけがリスクのようです。
面倒だな、イヤだなと思いましたが、仕方ありません。

最後に少し気になる点を質問。
手触りの変化と、近くに誕生した“子供”の件です。

すると、分裂してくる病気?なのだそう。
ただし、あくまで良性なので心配ないでしょう・・・

3日後、紹介状を手に、大きな総合病院の専門医をたずねました。

乳腺外科。

目指すその医師は有名な方らしく、
外来の患者さんの数はハンパじゃありません。
名前を呼ばれたのは軽く4時間後・・・

そして・・・



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)