FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次  




特別シリーズ 
社交ダンスを教えるということvol.7 

初心者・ホールド・テク ダンス力を鍛えろ!

ダンス実学主義の夜明け ⑫


ダンス初心者のための
ホールド・テクニックについてのお話の続き。

なぜ“できる限りカタチから入らない”ことが、

実学となるのだろうか?

そして、カタチから入らないことで、
結果、
手に入れることできるテクニックとは何なのだろうか?
ソレは目で見るよりも分かりやすいテクニックであり、
まず、ソレから入ることこそが、
実学であり、
初心者が優先するべきテクニックということなのだが。


ジュンコ先生は言う。
「ソレは一言で言えば、組むという

実感から得られる、感受力ね。

つまり、感じ取るテクニック。
言い換えれば、

情報をキャッチする能力

さて、どんな情報をキャッチするのか、わかるかな?」



「ソレは・・・
一緒に踊っている相手のことですよね?」


ジュンコ先生
「そう!
相手から発信される、どんな情報かしら?」



「何のステップをスルのか、とか、
どっちに行くのか、とか
どんな動きをするのか、とか・・」


ジュンコ先生
「ソウね。
たくさんあるわよね。
でも、今言ったのは、
俗に言うリード・アンド・フォローよね?
実際は、そういうダンス・テクニック以外にも、
感じているものがあるはずよ。 
さぁ、何かイメージできるものはあるかしら?」



「ダンス・テクニック以外ってコトは・・・
相手の手のぬくもり、ですか(笑)」


ジュンコ先生
「ソウソウ!後、息遣いとか、
今、相手が何を思っているかなど、精神的なことも」



「え、ソウいうことを感じ取ることが、
実学、なんですか?」


ジュンコ先生
「ええ、モチロン!
生身の人間同士が肌を触れ合わせて、組むンだもの。
エネルギーの世界では、
相手の前に立っただけで、
実はものすごいやり取りが始まっている
のよ。
目には見えないけれど。
相手を感じよう、感じたいってね。
そのようなカラダ本来が持っている
システム作動をちゃんとさせていくと、
そのうち、
色んな意味で、

“お察し能力”が、ついてくるでしょうね。

難しくいえば、

洞察力(どうさつりょく)かな。」



「ヘェ、面白い!
シャーロック・ホームズの世界、
推理小説みたいな感じですね」


ジュンコ先生
「ソウね(笑)
で、感受し洞察した後は、
相手の方とできるだけいい状態で
組み続けるためには、
どうしたら良いかを察知し、
状況に合わせて変化していく

いわゆる

変化力が鍛えられていくでしょうね。

この、感受力洞察力変化力は、
社交ダンスが上手くなるためには、
とっても必要なモノ。
それらが、実践の中で鍛えられていくことこそが、
初心者にとって大事なことなの。
まぁ、これらは、
躍起になって成長させようとがんばらなくても、
本来は、たくさんの踊る体験の中で、
ある程度、
自然に身につくものでもあるんだけれどもね。
ただし・・・」



「初期にホールドのカタチを作ると
そういう力が育たない?」


ジュンコ先生
「ソウ言うことね。
例えば、
フレームの高さ
肩を下ろすこと
手の握り方
・・
そういうカタチの部分を教えれば、
生徒サンは素直に指示に従おうとするでしょうね。
でも、実際は、
今の時点での、
フレームの高さはどれくらいが良いのか
肩の位置はドコが良いのか
手の握り方はどんな感じが良いのかは、

その人自身のカラダが

一番よく知っている
のよね。

型にはめようたって、
本当は上手くいかないはず。
でも、
指示に無理やり従おうとして、リキんじゃう。
リキムと、
さっき言ったダンスに必要な力=

ダンス力は育たないわ」



「あの、
初心者の頃の実学になるホールドテクは、
相手との接点をできるだけ少なく、必要最小限で。
およびカタチは全く気にせず
・・・・でいいんですか?」


ジュンコ先生
「そうね。
もし、緊張で異常にリキムこと、
男性の女性に触れる場所に難アリ(オシリとか・・)
以外は、注意も控えて、様子は見るわね」


      続く第909話へ





Real Junko Voice

「もう一つの学連物語」
vol.84 ~ 最悪が最良に変わるとき ~
 
いよいよ、ダンスの始まりです。
ワタシはパンッと手を打ち鳴らし、
「さぁ、では体験していただきましょう!」
そして全員参加を呼びかけます。

全員参加・・・コレが、ライブ成功へのキモ。
参加しない人ができると、会場に温度差が生まれてしまい、
やりにくくなるからです。

どんなに尻込みをしている人にも、
「マァ、一度やってみてください」
と説得します。
楽しんでもらえる自信は、ありました。
最初にイヤがっていた人ほど、いったんダンスが始まるや否や、
突然、ハジケ出し、踊りに興じる・・・
今まで何度も遭遇してきたシーンが、
その自信を支えていました。

「ハーイ 遠慮しないで前に出てきてくださーい」
手招きし、誘います。
みんなゾロゾロ立ち上がります。
全員参加の様子、コレで、よし。

円卓を囲むようなカタチで円になり、
となりの人と手をつなぐように指示します。
「アレェ? コレ、社交ダンス?」
期待通りの反応。
子供のお遊戯が始まるような雰囲気に、場が和みます。

音楽スタート。

空気が一変。
みんなの顔がほころび始めます。
あぁ、楽しそうです。

こうなればもう大丈夫。
後は、
音楽に合わせてカラダを動かすことの快感、
人との触れ合いの新鮮さ・・
ダンスのチカラが、先導・後押ししてくれるでしょう。

二人組みになり向かい合い、ステップを踏ませます。
ふと、見ると
男性同士で手をつなぎ、仲良く踊っています。

最後はブルース。
定番の曲「川の流れのように」をかけました。
着物を着た女性が歌いながら、揺れています。

大拍手の中で終了しました。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)