FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次  




特別シリーズ 
社交ダンスを教えるということvol.7 

ホールド・テクニックは実学になりにくい!?

ダンス実学主義の夜明け ⑨


長い間ダンスを教えてきて、
実学になりソーで
(というより、絶対ならないと困るんだけど・・・)
実際はメッチャなりにくい
テクニックってのがわかってきたんだな。
何か分かるかナァ。

そう、ホールド

相手と組むためのテクニックなんだ。
細井平州先生の教えの方向になかなかいかず
(第904話参照)
気がつけば、
不ぞろいの大根を良しとせず、
菊つくりに励んでいる・・・ってこと、
良くやっちゃったモンなぁ。

特に、

スタンダードのフレーム作り

なんかが最も危ない傾向にあるわけ。
どうしても、キレイ・見た目重視のモノを推奨しがち。
なので、
かなり初期の段階から
“出来上がりのカタチ”を望むあまりに、
踏むべき段階をいくつも踏み越えて、
(教師側が生徒サンを)導いてしまいがちなんだな。

実学になっていない=
実際に役に立たない・実践を伴わない
ホールド(組み方)
フレーム(主に手・腕で作る)は、
“社交(競技)ダンスが上手くなる”
の大きな妨げになるため、
要注意
だ。

さて、自分の

ホールドに難アリと思っている方って、

ものすごく多いと思う。
でも、それって、
ホールドを含むダンスのテクニックのせいで、
余計におかしくなっている人が
意外や意外多い
んだってコトをまず
知らないとダメなんだ。
ホールドに良かれと思ってやっていること自体が
かえってホールドのためになっていない、
ソレどころか、
そのせい(良くないホールドテクニックのせい)で、
身体能力をググッと引き下げてしまい、
挙句の果て、ダンス力まで奪われている・・・
コリャエライコッチャ!!
となっていないかどうかのためにも、
ここでも、ルンバウォークと同じ

診断が必要だ。

ホールド・フレーム作りを教えている対象が、

1. 誰であるか?

2. 何のために?

(その人のダンスにおいて何を目指しているのか)


誰であるか? は、

ダンスを始めたばかりの人か? 
初心者か? 中級者か? ベテランか?
ダンス習熟度がいかほどか
また、
骨格の大体の形状、筋肉のつき方などの、
身体のあり方(カラダつき)
カラダが硬いか柔らかいか?
動きに関して、質が高いか?ソウではないか?
などの
(今のところの)身体操作能力的にはどうか?
精神的習熟度はどうか?

パーソナルスペースはどうか?も含め、
(第873話参照)
精神的なモノが、
大きく絡んでくるのもホールドテクニックの特徴だ。

何のために?

パーティダンスが上手くなりたい?
デモンストレーションが上手くできるようになりたい?
競技選手として活躍したい?
メダルテスト・教師試験に合格したい?
特に目標はないが、ダンスが上手くなりたいって人で、
ホールドに限って言えば、
組むという奥深さを知って、
もっとGOODなホールドになりたいと、
目覚めた人?

などの、
志向(目指すこと)が何であるのか

によって、

ホールドテクニックの導き方

は変わってくるんだ。

ちょうどよい時期により良い導きがあると、
ホールドはダンゼン良くなるものなのだ。


      次回へ続く第906話へ





Real Junko Voice

「もう一つの学連物語」
vol.81 ~ ここでダンスは無理でしょ!? ~
 
受付に続々人がやって来ています。

ワタシは気分がウツになってきました。

男性の数が圧倒的に多いのです。
スーツ姿のおじ様たちです。
コレは、異業種交流会という性質上、仕方のないことなのでしょうが、
主催者側には、
「望むべくは、男女ほぼ同数」
を伝えてあり、OKをもらっていたのです。
「大丈夫。ワインの集いは女性に人気がありますから」
と、いう話のはずでした。

着物を着ている女性もいます。
「晴れ着でダンス」は無理なことではありませんが、
ひょっとして、
「ワタシ、踊る気はありませんので・・・」
という、意思表示?

気分はどんどん滅入ってきます。

会場のセッティングにも、ガッカリでした。
スペースが全くないのです。
ただでさえ広くない会場に、10人がけほどの円卓がギッシリ。
いったいドコで踊れと言うのでしょうか?
ここでも主催者側とのすれ違いを感じてしまいます。

たまりかねたY氏が、主催者に掛け合いますが、
「ダンスタイムには円卓を動かす」
以外の手立ては、モチロン、ないようです。
全員で35名ほど。
着席し、厳かに会はスタートしました。

ワイン、料理が進むにつれ、憂鬱が重なります。
真っ赤な顔の、いかにも“酔っ払い”が あちこちで現れ始めたのです。

はじめは静かだった会場のノリが変わってきました。
無作法に立ち上がって、名刺交換に奔走する姿も目に付きます。

ここでダンス!?

無理でしょう。
かえって場がしらけてしまうでしょう。
主催者側も気がついて、
ひょっとすると、中止になるかもと思えてきました。

ところが、
「ダンスタイムは、予定通りお願いします」
伝えられたY氏も、苦しそうです。

イヤだ。

ホンキで帰りたくなってきました。
最悪の気持ちです。

アカン、落ち着かないと。

ワタシは立ち上がり・・・



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)