FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  Real Junko Voice目次  




社交ダンス的・プロトコールのススメvol.3 

本来、パーソナル・スペースに人は敏感!?

~社交ダンサーのための“距離感”の教養 22~


今回のシリーズの最後に
ジュンコ先生からのこんなメッセージをお届けしよう。
では、Qさんとの対話形式で、ね。



「ダンスをするときの相手との距離感に、
パーソナル・スペースみたいな概念が入ってくると、
ナァンカ、難しいですよね。
だって、社交ダンスは相手と組むことが基本で、
ボディやハンドのコンタクト・コネクションも
当たり前のようにアルというか、
れっきとしたテクニックだし・・・
パーソナル・スペースのことを知ったら
『そりゃソウだろうな』と納得する点も多いんですが、
そんなことばっかり考えていたら、
社交ダンスにならないような気もするし・・」


ジュンコ先生
「生まれて初めて、社交ダンスを踊ったこと、
Qさんは覚えているかしら?」



「ハイ・・・。
友人に連れられていったサークルで。
老人会みたいなところでしたが」


ジュンコ先生
「緊張とかしなかった?」



「しましたよ、それはもう。
初老の男性でしたが、ジルバを教わって・・・
アァ、ドキドキしたこと、思い出してきました」


ジュンコ先生
「その気持ち、よ。大切なのは」



「初心の気持ち、ですか?」


ジュンコ先生
「ソレもだけど、言いたいのは、

恥じらいの気持ちってヤツかな。

初めて出会ったばかりの他人と触れ合うんですものね。
肌を通し、色んな情報を伝え合う・・・
自分はこういうものです、
と、告白するようなもの
だモノ」



「確かに、そういう気持ち、もう、ないですネェ。
ホールドすることが当たり前で。
触れあうことに恥らう気持ちなんて、どこへやら、
すぐに、
『自分はコレだけ踊れるのよ』
みたいなテクニック自慢
決まった相手と競技の練習をするときなんて、
全然、新鮮でもなんでもない。
相手のボディのアラ探しばっかりやってますよ(笑)」


ジュンコ先生
「もちろん、
慣れてくるとどうしても薄れてしまうものね、
恥じらいやときめきって。
だから、それが絶対大切ってワケでもないと思うの。
でも、少なくとも、そういう気持ちを自然に持てた頃って、

ナチュナルなココロとカラダ

であったと思うのね。
人に触れる怖さもあったはずだから、
自然と優しく思いやりをもった触れ方
をしていたとも考えられるわ。
つまり、
パーソナル・スペースも感じ取っていたと思うのよ、
自然とね」



「そうか。
パーソナル・スペースを感じるって、
ナチュラルなこと
なんですよね」


ジュンコ先生
「そう。
人はソレに敏感なはずなの、本来。
人が、

身にまとっている空気

みたいなものとも言えるものだから。
馴れ合いはNGね。
人を鈍感にさせちゃう。
感受力を鈍らせる。
だから、
“当たり前”になってきているモノほど
時に、
『このままでいいのか?』
『変じゃないのか?』
というような、フツーの目で、
見直す必要があるんじゃないかなァって思うのよね。
そうでないと
“距離感”を誤ってしまう恐れがあるわ」



「その距離感って、
人との距離感、自分とダンスの距離感・・
色んな意味に取れますね」


ジュンコ先生
「ソウ考え及ぶことは良い事ね。
社交ダンスのテクニックも、
それにドップリはまっているときには見えなかったものが、
距離感を置くことで鮮明になってくることがある。
例えば、
今回のテーマのパーソナル・スペースという
観点から見てみる。
ジックリ見ると、面白いわよ。
社交ダンスのテクニックって、
『お、意外に、上手くできているなぁ』
って思えるんじゃないかしら」



「え、ソレはどういう意味ですか?」


ジュンコ先生
「ホールドにしても、
コネクション・コンタクトにしても、
もちろん、アイコンタクトにしても、
ちゃんと正しくできるようになれば、
他者のパーソナル・スペースを“犯す”ものでは
決してない
ということ。
むしろ、

対人関係における距離感の妙を、

ダンスを通して学べる
んじゃないかしら。

ダンスは本来

“高尚かつ知的な行為”なはず、ですもの」



「わぁ “知的な行為”だなんてカッコイイ(笑)
テクニックを正しく使えば、
パーソナル・スペースを“犯す”ものではない
ってことは、納得です。
だって、ちゃんとした“組む”テクニックのある人は、
距離感のとり方が上手いですもん。
コンタクトだって、ヤナ押し付けじゃないし
いいリードとして伝わるし。
プロの先生なんて、
あんまり上級じゃないアマチュアさんとでも、
絶妙な距離感で踊ることができますものね。
そういう、テクニックを一人ひとりが、
学んでいけばいいんですよね」


ジュンコ先生
「マァ、そうね。
でも気をつけないと、距離感のテクニックって
ソレが上手い方とばっかり踊っていたら、
ナカナカ育たない可能性があるわよ。
なぜなら、相手がやってくれるから。
ところが、いつもいい距離感で踊れていると、
自分ができたかのように
錯覚に陥っちゃう場合も多いから要注意ね。
プロの先生は特にそういうことに長けているから、
個人レッスン慣れしている人は危ないわよ。
自力で相手との距離感をつかめるテクニックを身に付けないと、
『先生とだったら、気持ちよく踊れるのに』
と言いたくなってくるでしょうね」



「ソレは困った!
ワタシもヤバイかもです。
でも、プロの先生がやっているような、
絶妙な距離感って、
私たちにでも習得可能なテクニックなのでしょうか?
同じ学ぶなら、ソコまでやってみたいんですが」


ジュンコ先生
「OK、それはね・・・」


     続く第895話へ



※Real Junko Voiceはお休みです。



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)