FC2ブログ
初めての方へ  目次  エクササイズ&プラクティス集  

テーマ別インデックス  




特別シリーズ 
社交ダンスを教えるということvol.6 

生徒も“木を見て森を見ず”状態!?

木を見て森を見ず!? ③


ジュンコ先生は言う。
ダンスのレッスンで最も重要なのは、

“正しいことを教える”ことではない

では、ナニが一番重要なのか?
ソレを押さえておかなければ、
たとえ有名コーチャーや、
世界チャンピオンのレッスンであっても、
『木を見て森を見ず』のダメジャン!!な、
レッスンになっちゃう可能性大・・・デスって!?
ジュンコ先生の話は続く。


ジュンコ先生
「最初に気付いておかねばならないのは、
実は、多くの生徒さんが、
自分のダンスについて
『木を見て森を見ず』の状態に陥っているってことなの」



「先生じゃなくて、生徒が、ですか?」


ジュンコ先生
「そうよ。
例えば、
『ナチュラル・スピンターンのピボットができない』とか
『スタンダードのホールドで、
男性の方に頭が寄っていってしまう』とか
『スリー・アレマーナのリードが通じない』 
っていう風に、“木”について悩んでいる。
ソレを何とか直そうと思って、
『シッカリ、足に力を入れて立とう』としたり、 
『無理に左を見ようと腰から反って』しまったり、
『腕で無理に相手を動かそう』
なんて(生徒さんが)“木”を直接改善しようと試みているのを、
『アラアラ、そんな表に現れている
“症状”だけを直しても、ダメなのですよ』
とばかり、
その問題の“核”を生徒さんから情報を得ながら見抜いていき、

本質から直していく“道筋”を考え、

その“方向”を示すのが、

コーチャーの役割なのよ」



「わぁ、良いお医者みたいですね。
『頭が痛い』といえば、
『ハイ、頭痛薬』とくるのではなく、
ナゼ、頭が痛いのかをちゃんと診察し、
的確に見抜いていくような」


ジュンコ先生
「そうね。
対処療法に終わらず、根本治療を試み、
体質改善のための生活習慣や、
時に、

心のあり方の見直しまでの

アプローチを示してくれるお医者さん・・・
ダンスの先生もコーチャーである以上、
そういう“名医”を一人ひとりが努力しながら
目指すべきだと思うのよね」



「ソレは、そうかもしれませんね・・・」


ジュンコ先生
「そうなれば、上記の“木”の問題においても、
『ピボットができないのは、
カラダの“軸感覚”が養われていないから』
と、解釈。
では、ナゼ“軸感覚”がないのか?
については、
『カラダにリキミがある』から、といったように、
徐々に問題の“核”を探り始め、
最終的には、
『なぜ、この人はカラダにリキミが生じるのか?』
の、深い理由にまで追求が及んで、
やっと、その生徒さんの本当の問題に
たどり着けるかも、なのよね」



「生徒さんが“木”しか見えていなかった問題の
“森”をコーチャーが探し出す・・・
ソウあるべきコーチャー自身が、レッスン中に
生徒さんのように『木を見て森を見ず』状態になったら
ダメじゃないですか!?ねぇ」


ジュンコ先生
「ソウ。
でも、上記の例えで
『ナチュラル・スピンターンのピボットができない』
の問題に対し、
『カラダのリキミをとることが大切だ』 
とばかり、
ソッチのほうの話に終始したとする・・
さぁ、どうかしら?
コレも、実はやったらダメジャンな、
『木を見て森を見ず』のレッスンなのよ。
言ってる意味わかるかな?」



「は、いえ、よくわからなくなって来ました」


ジュンコ先生
「ダンスのレッスンで最も重要なことは、

ただ単に正しいことを教える

ことでは決してないからよ」



「あ、その話につながってくるのですね。
うーん!?」


      続く 第842話へ





Real Junko Voice

「もう一つの学連物語」
vol.30 ~ 好きにさせてあげなさい ~
 
大学のボックス(部室)で初めて先輩の踊るワルツを目にしたとき、
「見てはいけないモノを見てしまった」
導かれるまま、ジルバに興じたとき、
「やってはならないことをやってしまった」
入部の気持ちを固め、ダンスシューズを購入したとき、
「取り返しの付かないことをしてしまった」
これらの思いはすべて、
「ウチの両親は絶対に良いとは言わないだろう」
つまり“両親基準”に照らし合わせての発想です。

ダンス部に入部した最初の頃、新しい体験をするたびに、
ワタシのココロは小さな罪悪感におびえていたように思います。
でも、それとともに、“両親基準”から逸脱(いつだつ)してゆく姿を
ワクワクしながら受け止めている自分がいたのも確かです。
ワタシにとって学連時代のダンスは、
親からの解放・自立への大きなキッカケとなったわけです。
それは、新しい自分に出会うための
“ルネッサンス=再生”の始まりでもありました。

ダンス部に入ったことを両親に告白したとき、 
「2回生になったら辞めるから、やらせて欲しい」
と懇願(こんがん)※しました。 
もちろん、ホントウの気持ちではありません。
想像以上の大反対に遭い、思わず口から出てしまった言葉でした。
2回生になった時点では、3回生までは続けたいと粘りました。
3回生になると、ここまでがんばったのだから、
卒業までやりたいと言いました。
そして、卒業後、プロの道に進むことを決意、
両親には相談せず、話を先に進めていきました。
報告は、すべての段取りが整った後でした。

「なんと言う子や! 親を無視して」 
母は驚き、泣きながら引止めます。

「エエ氏の子が、やるもんやない。
悪いこと言わへんから、やめておきなさい」

しかし、私の耳に届くハズはありません。
父は珍しく激怒し、突き放しにかかりました。
「勝手にスりゃァ、イイさ。
お父さんの人生じゃぁなくて、ジュンコの人生なんだからな」
とは言いながらも、ハギレの悪い感じではありました。

ところが、ついに、
「そこまで言うなら、自分で責任を取ってやってみればイイ」
と、折れてくれたのです。
同時に母も覚悟をしたようです。
決め手となったのは、
おじいちゃん亡き後、実家で最も権限を持っていた当時83歳、
おばあちゃんの“鶴の一声”でした。

「ジュンコの好きにさせちゃりーな」
(させてあげなさい)

“ジュンコの好きに生きる”
それ以来、ワタシのテーマになった言葉のような気がします。

「自分の好きに生きることは、自分自身を生きること。
勇気を持って人生を表現すること。
ただし、それは、全責任が自分にあると知ってゆく道・・・」

そして・・

※ひたすらお願いすること



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)