FC2ブログ
目次へ

エクササイズ&プラクティス集へ




では、

サンバをお勉強することで

スローフォックストロットが

上手くなる!


レクチャーの第3回目突入!


前回、

ホイスク・ツー・レフト&ライト

のテキスト的なバウンス・アクションの中での、
ヒザ、足首の変化を紹介したけど、
実は、ソレって
体幹部のインナーマッスルの変化の結果、
現れるもので、
その上半身のインナーマッスルの変化を紐解くと、
な、なんと、

スロー・フォックストロットとの

関連が見えてくる!
ってこと。

では、前回のテキスト的な解釈と照らし合わせて、
チョイ詳しくやってみよう。
がんばってついてきてね


ホイスク・ツー・レフト&ライト 
~体幹部のインナーマッスルの変化的解釈~

1. 1& (ヒザ・足首の変化・・・
下に下りる運動・曲がる
まず注目すべきは、
左足のフットワーク=ボールフラットだ。
(フットワークに関しては第631話参照)

ボール部分から着地して、
その後足の裏全体にベタって乗ること
・・・ってことは、つまり、
“上から下に下りてくる”
というアクションのはず。
だから、左足を送り出す前の、
体重の乗っている右足の上でのアクションは、
こんな風に考察できるんだ。
「上に上がって、
左足を左横に送り出そうとする」
では、このときの
体幹部のインナーマッスルの変化
はどうかというと、
「床にプレスして(下に向かって)、
カラダの中は右横に保とうとする」
 
そう、右足の上でのアクションと、
反対のアクション!?なんだな。 
コレって、
いわゆる

二律背反原理よね。
(第71話参照)

コレによって、左足は晴れて
“安全かつ正確に着地できる”
ってことなんだ。

こうできると初めて、
タイミング1&の意味が活きてくる。
言い換えれば、
という2つのアクションを
使い分けるってこと。
つまり、の時、左足は
「床に着地しただけまだ、
ヒザは曲がっていない。
しかもヒップは右にある」

コレがミソ。
カラダの中で、
「下に向かってプレスし、
右横に引っ張っている」からだ。
次ので、そのカラダの中での
二律背反感覚が解かれる
で、ようやく、左足のヒザ、
足首ともに緩んでくるってわけ。
ダウン・・・
下に下りる運動が本格的に始まるんだ。

2.  (ヒザ・足首の変化・・・
左足のヒザが伸びて通常の高さに戻る
1で、二律背反感覚が解かれた結果、
右足が緩み、
タラリ~と左へ寄って来る。
右ヒップもゆるやかに下に向かい、
左方へと向かい始める・・・
ってな、感覚を味わえたら、
身体操作は大正解だ。
カラダの中がニュートラル
(第259話参照)
に戻ろうとしている感触なんだな。
コレって正しくリラックスできていないと、
味わえない微妙な感覚でもあるんだ。
ココがクリアできれば、
右足が左足の後ろに交差されたときには、

両足のかかとが浮いた状態に

自然となる
んだ。

でも、ココでホッとして
一息となってはいられない。
次なる
二律背反感覚がすでに始まっているからだ。
どういうことかというと、
3歩目の左足が
“安全かつ正確に着地できる”ように
右足後ろ交差の時の、
右足の上でのアクションは、
「上に上がって左足をボールから
その場(右足の前)に着地させようとする」
体幹部のインナーマッスルの変化
どうかというと、
「床にプレスして(下に向かって)
その場に(右足の前に)
ちゃんと着地させるために、
カラダの中を後ろに引き込んでいる」

コレができれば、晴れて次のアクションである

3.  (ヒザ・足首の変化・・・
ヒザと足首を緩めてダウン
が、安全にできるようになるんだ。
右横に向かうときも要領は一緒だ。

さぁ、ここまでで、 

スロー・フォックストロットとの関連

が見えてきたかな?

キーワードは、そう、

二律背反感覚だ。

サンバ・バウンスは、
体幹部のインナーマッスル使用による
二律背反感覚から
生まれるモノだってことが重要



言うまでもなく、
二律背反感覚は、
スロー・フォックストロットを踊る上でも
重要なテクニックだ。
(第278279話参照)

しかし、スローの中では、
フロアーを移動する感覚も強いため、
二律背反感覚実感としては味わいにくく、
または反復体感練習もやりにくい。
その点、サンバはその場で運動ができるし、
反復練習がメッチャ可能ってわけ。
「カラダの中で反対方向の
アクションをすることで、
実際の現れとしての運動を
スムーズに安全に正確にできる」
という、二律背反感覚を養うには、
サンバ・バウンスアクションの練習って
モッテコイなんだ。

今回は、横への動きである、
ホイスク・ツー・レフト&ライトで観たけれど、
(サンバの)ベーシックムーブメントの
前後の動きも一緒だよ。
で、二律背反の練習、
お奨めベーシック・フィガーとして

ステイショナリー・サンバウォーク

あたりもどうかな。

ホイスクの身体操作を手がかりに、
レッツ・トライ!



      続く 第730話へ



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)