FC2ブログ
目次へ

エクササイズ&プラクティス集へ




アレッ、 

胸鎖関節(きょうさかんせつ)
(第163話参照)

のトッテオキの話、
まだ続いているの!?
そうなんすよ。
大切なこと、言い伝えてなかったもので。
とくに、自らの

“美”を願ってやまない女性の方々には

聞き捨てならないお話ですよ。

女性本来の
美しい立ち居振る舞いをレッスンし、
セレブな女性に向けて教育する
するトアル“レディース・マナー講座”では、
こんな風に教えるそう・・・

「鎖骨に目があるつもりで

動きましょう」


なぜなら、
背中が縮まらず
視線が落ちることなく
デコルテをキレイに保てる

んで、エレガント
だというわけ。

で、ジュンコ先生のダンスレッスンでは、
さらにこれを発展させて

「胸鎖関節が目であるつもりで

踊りましょう」


これと、

「耳の後ろで見る・アイコンタクト」
(第520話参照)

を組み合わせれば、
メッチャ、魅力的な

“4つ目”になれる!!

ただしコレ(胸鎖関節が目)を、
ビギナーさんに言ったら、ヤバイかも。
胸を強調することで力んじゃ、
元も子もないからね。
でも、中級者以上の方で、 
「ナーンか、姿勢が悪いのよね」
「首が、前に出てていやだ」

とお悩みの方がいたら、
一度お試しアレ、なんですわ。


ってことで、最後に
胸鎖関節強化のための

胸鎖関節イキイキ・

腕ふりエクササイズ


やってみよう!

① 両足を開き、リラックスして立つ。

② 第692話
発展版・上部首回し・エクササイズをして、
頭の位置を高く保つようにする

③ 腕振りに入る。
右手で左の胸鎖関節部位をもち、腕を左右に振る。
ポイントは
腕が横へ振りあがったときに、
肋骨の間(脇)を広げる
こと
(腕が頭上へ振りあがるくらい大きく振る)

④ 股関節、膝、足首の関節をユルメ、
腕の振りにあわせて屈伸する。
腕が振り下ろされるときに、
ラクにそして自然に屈伸する感覚で。
(重力によって腕が落ちるときに、
股関節と膝、足首の関節の力を一瞬抜くことで、
腕の振り下ろしに加速をつけることができる。
重力を利用して、
腕の振りがさらに大きくなる感じまで)

④で、ヒザがカクッってなるところが、
ホンマ楽にできるかドウかも大切ね。
筋肉の力で曲げないこと。
骨格バランスが崩れてのカクッが良いの。
(あの、後ろからいきなりされる
“ヒザカックン”と同じような感覚)

重力を利用するエクササイズって、
チョイ地味目なモンが多い。
でも、こういうシンプルな練習ほど、
結構自力になるのよねぇ~
フレ~フレ~



      続く 第694話へ



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)