FC2ブログ
目次へ

エクササイズ&プラクティス集へ




前鋸筋菱形筋が釣り合い、
テンションバランスが取れているときの

“翼感覚”のあるパフォーマンスの実際

を整理してみよう。 


“翼感覚”プラクティス

① 両足に体重を乗せ、
重力軸に沿ってのまっすぐな姿勢から、

大腰筋のスイッチをON状態に。

すると
腰椎が下向きに引っ張られる
結果、
みぞおちから下の背骨は下に引っ張られ、
つまり下降し、
みぞおちから上部は上へと伸びていく、
つまり、上昇に向かう。
背中にテンションが生まれる。

② ①と連動し、

菱形筋のスイッチON状態に。

左右の
肩甲骨を背骨の方へ引っ張り、
ナナメに引き下げる


③ ②と拮抗する働きを持つ、

前鋸筋もスイッチON。

つまり、
肩甲骨を背骨から左右に離そう・
上に上げよう・前に出そうという力も
②と同時に働く。

→背中と胸部に

前後・左右・上下のテンションが

生まれる


④ このまま、腕を上げないでいると、
変化は脇の下の肋骨に現れる。

肋間筋(=肋骨の間の筋肉)と連動し

肋骨を吊り上げていく
のだ。

胸腔(きょうこう=アバラの骨に囲まれた部位)
は膨らむ。
(このとき、実際、呼吸をしていなくても大丈夫。
呼吸筋は実際にそれほど呼吸を意識しないでも、
使えるものだ)

⑤ 腕をリラックスさせたまま、
③・④を続けていると、

脇の下がスッーっと

開いた様な感じ
になり、

ソレに従い、

二の腕(上腕)が

やや外側に回転
し(外旋という)、

その前面(胸側)がやや吊りあがり、
後ろ側は逆に下に落ちていく感じになる。
つまり、

親指側は上がってくる感じ、

小指側は下がって行く感じ
だ。

胸は鎖骨が十分開く

⑥ 菱形筋と前鋸筋の拮抗バランスを感じながら、
腕が前後・左右に広がりを持ちつつ、
静かに上がっていくのを感じる。
肩甲骨は、腕が上がるほどに、
下に沈む感じも伴い、
左右に開きすぎずかといって狭すぎず、
前に上げながらも後ろに引っ張られた感じもあり・・・
といった、独特の趣のある感覚

コレが“翼感覚”だ。


さァさァ、できたかなぁ?


もちろん、ラテンのアームアクションも、
“翼感覚”を使って操作するわけだけれど、
結果、はどうなるか?は、ゼヒ、
第160話の肩甲骨とアームアクションのところを
参考にしていただきたい。

つまり、腕を上げるときは、
「手先・指先からスタートし、
肩甲骨辺りは反対に沈んでいく感じ。
その後、
ズーッと手先・指先が上がっていって、
肘(ひじ)が肩の辺りまではそのまま、沈み続ける。
肘(ひじ)が肩を過ぎた時点から、
今度は肩甲骨と一緒に上がっていく」
反対に、腕を下げるときは、
「肩甲骨辺りを先にユルめ、沈めるようにする。
手先・指先との距離ができ、
浮いたように感じる一瞬があるだろう。
そうやって、
手先・指先が体幹部から離れるように使う」
この一連のプロセスが、
“翼感覚”の結果、
行われるってことがわかるだろう。

常に菱形筋&前鋸筋の拮抗バランスが
程良いアームアクションは、
肩甲骨・肩が上がりすぎたり、
バラバラな動きになったりせず、
非常に秩序だった動きにもなる。
また、上記①~⑥を実際やってみると、
「バストアップ&ヒップアップできた

美的な姿勢で、

常に、ヒザがスーッと伸びた、

美的なレッグアクション

を伴っている!!」
ということが感じられるだろう。
ポイントは、
①において、床からの反作用パワーを受け、
大腰筋のスイッチがON状態になっていること
=骨盤は前傾=大腰筋伸長力による
正しいニーバックが生まれる。
(第468475話参照)
ってところだ。

コノ“床からの反作用パワーを受け”がないと、
始まらないし、
そのパワーが上手く運用されると、

美的なレッグアクション

美的なアームアクション

美的な姿勢

も、手に入るってことなんだ。

下半身のパワーから生まれる、
存在感アル姿勢と、アームアクションは、
実際、すごいエネルギーを持っているよ。
そう、
床への反作用パワーが強くなればなるほど、
アームも、シッカリしてくる
んだ。
細腕の女性が踊っても、下手したら、
男性を投げ飛ばすくらいの(?)
パワフルさを表現することができるよ・・・
が、スタンダードのホールドにも現れるんだ。

を、この際、チョイみていこう。
次回、

“翼感覚”操作から作る

スタンダードのホールド
だ。



      続く 第483話へ



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)