目次へ

エクササイズ&プラクティス集へ




次なるは女性の

クローズ・ヒップ・トゥイストにおける

ヒップ・トゥイスト・シャッセだよ。


クローズ・ヒップ・トゥイスト
2・3・4・&・1  2・3・4・&・1
前半5歩と後半5歩の、
合わせて10歩からなっていて、
前半の4・&・1で、
ヒップ・トゥイスト・シャッセ
をするんだ。
この辺のところ、
“なーんとなく、だいたい、いい加減”
にやっちゃっていた人も多いと思うので、
この際だから、お勉強しましょね。

回転量も多いから大変だけど、
シャドウ練習の手引きをどうぞ。



クローズ・ヒップ・トゥイストの前半

2・3・4&1プラクティス
(女性)

ポイントはコレも

角度とヒップの位置だよ。


1歩目 右足 後退  
  
カウント2 ヒップは


2歩目 左足 その場に  

カウント3 

左に体重を移し変え、
ついで左にスゥイブル(回転動作)
3歩目にキレイなヒザたて状態
プレスライン(第401話参照)
が作れるかどうかは、
コノ2歩目の回転が
上手くいくかどうかに左右される。
まず、上記1歩目から2歩目にかけては、
例の
“両方のヒザがピーンって伸びた、
キレイ・ポジション”

(第392401話参照)
で、
ヒップはまだ、
(後ろに突っ張っている)
右足上に置いたまま!

ココでカラダにシッカリと
右へのトーション(ねじれ感覚)を作っておいて
この2歩目(カウント3)で、
左にスゥイブルすることを急がない
ようにすることが大切なポイントだ。
回転の前に、
シッカリ、ハッキリと前進する・・・
背骨がグィーンって前に行ってからその反動で、
一気に左スゥイブルといきたいが、
このあたりは男性とのカラミで
(リード&フォロー)で決めるモンでもあるため、
シャドウでは、できる範囲でOKだ。

さて、ようやくココから

ヒップ・トゥイスト・シャッセだ。


3歩目 右足 カラダをアクロスして前進  
ヒザをグッと立てた(曲げた)
ディレイト・フォワード・ウォーク
のカッコウ=ヒザたて状態
プレスライン (第401話参照)になるまで、
つまり、
2歩目シッカリ、ハッキリ前進状態から
クィッと

左へ1/2 180度回転するわけ。

コレは少々大変だよ。
ここでも回転の“動力”となるのは、ヒップ
にねじり上げてあったヒップを一気に
にもってくるパワー
で、
キレイなスゥイブル
ができるんだね。
カラダの外(肩とかオシリとか)ではなく、

カラダの中から

ヒップの運動トゥイストを行う
よ。

このあたりは、
前回オープン・ヒップ・トゥイストにおける
ヒップ・トゥイスト・シャッセと同じなので、
詳しくは第401話を参照してね。

では、3歩目、
トゥイスト運動が終わったばかりヒザたて状態
=“プレスライン”のときの
ボディ・チェックをしてみよう。
「カラダにかなり強い

左へのトーション(ねじれ)感覚があるわ」

から始まって、
後は、コレも第401話と同様だ。
違う点は、
回転角度が大きいため、
下半身はショルダーライン(肩)よりも
結構多く回転するってこと。
その際、
右足がヘナッと内股にならず、
カカトがシッカリ上がった
美しきプレスラインだったらGOOD! だし、
右側鎖骨の下あたりの筋肉
=大胸筋が前面にせり出し、
鎖骨はキレイに横に開かれた状態
が、女性らしさのアピールを
それとなーくかもし出してくれたら
ビューティホーだろう。
両腕は、基本的に男性とホールドをしているため、
バランスを壊したら
“わらをもつかむ~”って感じになっちゃうため
まずは、力まないで!を徹底したいところだ。

さぁ、このプレスラインの、
床から高く上がった右足のカカトを床におろし、
フラット状態、までが3歩目。

カウント4 または チャ

ただし、このとき(フラット状態の時)
ヒップの位置はまだ左においておくこと!
で、次の4歩目につながっていくよ。


4歩目 左足、右足にクローズ 
両ヒザは圧縮され、ヒップは中間に 
3歩目の

トーション(ねじれ)解除を利用して、

左足をクローズさせる。
この辺も、第401話と同様。
今の状態は
右足フラットのところに、
左足ボール(B)がクローズしてきた状態で、
重みはまだ右にある。

カウント& またはチャ
 

さて、ココから、
みぞおちの奥辺りがグニンって
右から左へと回転
つまりカラダの中で踏みかえる感覚があり、
その途中、足元は一瞬
両足がトウ(=T)バランスになるんだ。
で上記「両ヒザは圧縮され、ヒップは中間に」
となるんだ。
ココは特別にカウントを入れよう。

カウント  a


5歩目
ソコから引き続き、
みぞおちの奥辺りの左回転が行われ、
それがヒップに連動し

右足 PPで横に

というアクションにつながっていくよ。
(このとき、左足は一瞬フラット状態になる)
ただし、右足を床に置いたとき、
初めはまだヒップが左にある。
上記、 カウント  aの時に行った
みぞおちの奥辺りがグニンって
右から左へと回転から起こる
カラダの左への

トーション(ねじれ)が

継続されている
んだったね。

カウント1 またはチャ


なお、4・5歩目
カウント& またはチャ  a
カウント1 またはチャ


で、

右へ1/4 90度回転する。


男性とプロムナード・ポジションになって、終わり。
ココから後半の
ファンポジションへとなっていくわけだね。



      続く 第403話へ



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)