FC2ブログ
目次へ

エクササイズ&プラクティス集へ




ジュンコ先生の
フェザー・フィニッシュ・レクチャーは
女性の話へと移っている。


意識を外に向かわせる外側のテクニックと
意識を内に向かわせる内側のテクニック
のバランスを取ること。
外側のテクニックは、
内側のテクニックの結果の表れであることが多いので、
外側のテクニックをやってみて上手く行かないときは、
内側のテクニックに目を向けてみること
・・・ということで
フェザー・フィニッシュ

注目すべき

“2歩目の内側のテクニック”


へと話は続く。




「まずはソノ前の足である
1歩目の左足でのアクションから。
シャドウでやってみるわよ」


女性フェザー・フィニッシュ 

プラクティス・ポイント

1歩目 左足の上で・・・

左足にはソノ前の足である右足上での操作により、
CBM(第224話参照)がかかっている
・・・を押さえておく。
右足は、まだ後ろに残したままでスタート。

左足前進と共に反対の右側のボディが
前に動いた状態
になっているかな?
これがないと次の左回転が始まらないわ」

② カラダの中(みぞおち辺り)を背骨のほうに
強く引き込みながら、前進プラス左回転を生む。
それに従い後ろの
右足がズリズリと寄ってくる感覚を味わう。

「ボディで右足を引き寄せてくる感じね。
決して、右足の“意志”で勝手に動かさないように」

③ 右足が、左足の横までやってきて、
“今まさに振り出されようとしている状態”
の様子をチェック!
左足はしっかり踏んだ状態で、ヒザがゆるんでいる
(ロゥアが継続されたダウン状態
なお、ヒザは“前”に使われていること、
コレ要注意!そうなるためには
ヒザを“曲げよう”とはしないで
カラダの中を引こうとすること)
右足は大腿部とヒザが左足のソレ(大腿部とヒザ)に
ピタリ寄り添ってきている。
ひざは緩み、ヒザから下は左足からヤヤ離れたところに、
足首から先が内側を向きながらポイントしてある。
ボディは、左スウェイがかかり始めている。
右のヒップが左のソレ(ヒップ)より高くなり
いつでも振り出される状態にある

「ココでのチェックがポイントね。

2歩目の右足を成功させるのは

実は1歩前の左足上での

アクションによる
ってことが分かると思うの」

④ 左足上で引き続きカラダの中を引き込みながら、
前進プラス左回転を継続させる。
右サイドが左サイドを越える
(右ショルダーリード感覚)
それに従い、左足のヒザがさらに前に使われ、
やがてライズがかかり、
右のヒップが前方に振り出される。

「サァ、いよいよ、
右足がスイングと共に送り出されるわね。
でもただスイングかけるのではNG。
次⑤での気持ちが大切よ」

⑤ ココで

『ハーイ、アウトサイドに

出てちょうだいねェ~』


という対話を持ちながら

右足を横にスイング

この男性との対話が意外や意外、非常に重要!!
頭が左に残り、左スウェイがかかり、
おへそも男性のほうに方にむきやすい。
(しかもちょうど良いくらいに)

「これを意識せずに
ただ無造作に横に足を運んではNGよ。
コレは実際に実験をやってみて、
どちらが踊りやすかったか試して見たらいいわね」

⑥ 右足でのフットワークは、
右足を着く前に⑤の意識を持っていると、
すでに

後退に気持ちは切り替わっているため

上に上がり過ぎることもない


・・・ゆえにフットワークは、
トウ・ヒール(TH)となる
(カカトでしっかりと送ることができる)



      続く 第264話へ



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)