--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次へ

エクササイズ&プラクティス集へ




スウェイのテクニックをウインナ・ワルツでお勉強!
これはフツーのワルツにない
ウインナ・ワルツの特色を利用してと言うことのようで・・・。
              
1. 回転動作しながらLOD上を回る
→正しくスウェイできているかどうかわかりやすい

2. 1歩目からスウェイがかかる  
→下半身を使ってスウェイする感覚を学びやすい

3. 波状運動がない        
→スウェイが推進力となる感覚を体感できる



「では実際にシャドウで
スウェイをひとつひとつ見てみましょう。

テーマは、

下半身・インナーマッスル

腸腰筋を使ってスウェイしよう!


スウェイを作るエクササイズに、
前進・後退運動を加えたものよ。
(第184話のエクササイズを参照のこと)
スウェイナチュラルターンのまずは前半の3歩。
スタートの第1歩目からスウェイがかかるんだけれど、
そこでのカラダの使い方をチェックしていくわよ」


プラクティス・ウインナ・ワルツで

スウェイの実践!



ナチュラルターン前半の3歩

1歩目 タイミング『1』
中央斜めに面してスタンバイしたところから、
右足1歩、LODに前進する間にかかる

左スウェイのチェック


インナーマッスルの使用感

を感じてみよう
両手で、太ももの前面を膝頭の上辺りから、
ももの付け根辺りまでさすり、
次に同じ動きを、手を一切使わずにする。
お腹の中がギュッギュッと動いている感じがあるかな?
チェックできたら、
右手を上げ、左手を下ろした時点でストップ。
右側のお腹の中がグーッと伸びて
右アバラの骨と骨の間が開いている感じかな?
左側のお腹の中はグチャッと崩れ
左アバラの骨と骨の間が閉じている感じかな?
チェック

足元とのつながり

を見てみよう
右ひざが立ち上がってきて、
左ひざは反対に下に向かう感じになっているだろうか?
結果、左足は足首・ひざが曲がる・・・
これがサポーティング・フット感覚だ。
太ももの付け根(そけい部)左側は、
ぐっとシッカリし伸びている感じがするかな?
頭も少し左に傾いて、太もも前面からはずした左手が
まっすぐ床にブラーと下りるかな? 
OK!ここまでチェックできたら

腕とのつながり

を見ていこう。
左スウェイ=左への傾きに前への運動を加えることで、
3次元的なふくらみを作っていくよ。
床にブラーと下りるくらいに、
力が抜けた左の腕をいったん後方に振り上げ、
その腕が前方に振りだされていく動きに従って、
①②のアクションを強くしていく。
インナーマッスル使用感が強くなり、
左ひざが下へ
右ひざが立ち上がる感じがきつくなってきただろうか?
目指す方向はLODだ。
カラダが右回転し、
重心も前へ移動しつつある感じがするかな?
左腕がかなり前方まで振り出され、
右足が自然にスタートをきりたくなったらOK!

この第1歩目が成功したら、
後は腕の振りを利用してスイングを継続すると、
2歩目 まっすぐ
3歩目 右
  
というスウェイは比較的自然にかかるハズだ。


3歩目 タイミング『3』
中央斜めに背面(背中を向ける)して
足をクローズしたところ

右スウェイのチェック


インナーマッスルの使用感

を感じてみよう
上記をと同じように
両手で、太ももの前面を膝頭の上辺りから、
ももの付け根辺りまでさすり、
次に同じ動きを、手を一切使わずにする。
お腹の中がギュッギュッと動いている感じがあるかな?
チェックできたら、
左手を上げ、右手を下ろした時点でストップ。
左側のお腹の中がグーッと伸びて
左アバラの骨と骨の間が開いている感じかな?
右側のお腹の中はグチャッと崩れ
右アバラの骨と骨の間が閉じている感じかな?
チェックしたら、

足元とのつながり

を見てみよう
左ひざが立ち上がってきて、
右ひざは反対に下に向かう感じになっているだろうか?
結果、右足は足首・ひざが曲がる・・・
これがサポーティング・フット感覚
太ももの付け根(そけい形部)右側は、
ぐっとシッカリし伸びている感じがするかな?
頭も少し右に傾いて、
太もも前面からはずした右手が
まっすぐ床にブラーと下りるかな? 

とここまでは、上記、1歩目の左スウェイ感覚と、
左右の違いはあれどほとんど一緒。
じゃ、違いは?というと・・・
そう!これから後退するということだ。
であるからにして、ここからが大切なポイント。
特に、

・ひざの立ち上がり

・サポーティング

・フット感覚

・太ももの付け根

の様子をモウ一度チェックして!
次に後退するときも、
まずは前進のときと同じよう使う

というところがミソなんだ。
ここで腰が入っていないと
いわゆる“腰抜け”になっちゃうからね。
では、次、

腕とのつながり

を見てみよう
右スウェイ=右への傾きに前への運動を加えることで、
3次元的なふくらみを作っていくよ。
床にブラーと下りるくらいに、
力が抜けた右の腕をいったん前方に振り上げ、
その腕が自分ボディの方へ
振り下ろされてくるにしたがって、
①②のアクションを強くしていく。
インナーマッスル使用感が強くなり、
右ひざが下へ
左ひざが立ち上がる感じがきつく
なってきただろうか?
この部分は、前進のときより難しいはずだ。
カラダの中を引き込むように使ってみよう
目指すはLODへ後退だ。
カラダが右回転し、
重心も後ろへ移動しつつある感じがするかな?
振り下ろしてきた、右手が、自分のボディの横を過ぎ、
後ろに行くにしたがって
左足がクローズしていた右足から離れ、
自然にスタートをきりたくなったらOK!

この第3歩目のスタートが成功したら、
後は腕の振りを利用してスイングを継続すると、
4歩目 右スウェイ継続
5歩目 まっすぐ 
6歩目 左スウェイ
 
で、元に戻る。
という動きになるハズ・・・
うーん、難しい? 
もちろん、あせらないで、
カラダの変化を感じ取りながらやってみよう。
なお、女性もまずこの通りの練習でOK。
男性が前進のとき、
後退になるだけで後はほとんど一緒だよ。



      続く 第187話へ



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。