--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次へ

エクササイズ&プラクティス集へ




ジュンコ先生のスウェイ・レクチャー、
いよいよ実践だ。

テーマは、
骨盤の中にある2つのインナーマッスル、

大腰筋と腸骨筋から

スウェイを行う


まずはシミュレーションをかねた
エクササイズから紹介された。


腸腰筋(=大腰筋・腸骨筋)からスウェイしよう!


エクササイズ

これは第62話エクササイズの2
(エクササイズ&プラクティス集4)
“ももこすり”を立ったままやるもの、
と想像していただきたい

① 両足を肩幅よりやや大き目に広げ、
両手を両ももの前面にそれぞれ乗せる。

② まず、手をわざと動かして、
太ももの前面を膝頭の上辺りから、
ももの付け根辺りまで、さすってみる。
右手を上げたときは、左手を下ろし
左手を上げたときは、右手を下ろし
両手交互に上げたり下げたり・・・

③ ②でやった手の動きを、
手を一切動かさずにする。
呼吸をしながら、ゆっくりと。
「身体で手を引っ張っているみたい」
「お腹の中が動いている」・・を確認したら
いよいよ、この動きをスウェイにしていこう

④ カラダの様子の変化の観察して
右手が上がったとき、
右側のお腹の中がグーッと伸びて、
右アバラの骨と骨の間が開いている
左側のお腹の中はグチャッと崩れ、
左アバラの骨と骨の間が閉じている

これが左スウェイ感覚

体重を左足だけの上に乗せてみよう。
太もも前面からはずした左手が
まっすぐ床にブラーと下りるかな? 
頭も少し左に傾いているはずだ。
これは横だけのアクション、
これに前後の厚みが伴えば、(第180話)
さらに立派なスウェイに。
ぐっーと左手を前にさし出してみよう・・・で出来上がり。

左手が上がったときは、全くそのサカサマで、

右スウェイとなる。



「今、お腹の中が動いているでしょ?
ソレが、

大腰筋が動いている感覚なのよ。

特に、みぞおち辺りの奥、背骨付近を感じてみて。
ギュッギュッって動いている感じがつかめるかもね。
このとき、腸骨筋も動いているんだけれど、
次の段階、足の動きにつないでいくと
もっと感覚がつかめるようになるわ。
そして、さらに、
大きなスウェイアクションが可能になるわよ」



エクササイズの続き

⑤ ではもっと手を動かしながら、
足につないでいこう。
足を肩幅に広げ、体重を左足におく。 
両手を両ももの前面にそれぞれ乗せる。

⑥ ②と同じようにモモの前面をこすりながら、
左手を下ろしながら、右手を上げていく。
その動作とともに、
右ひざが立ち上がってきて、
左ひざは反対に下に向かうのを感じる。
結果、左足は足首・ひざが曲がる。

このとき、左右のモモの付け根(そけい部)
辺りを観察してみよう。
左側はぐっとシッカリし伸びている感じがする。
右側はひざが高く起きてくることによって曲がっている。
左のアバラは、骨と骨の間がグシャっとつぶれ、
右側がストレッチされている。
また、頭は左に大きく傾き、
左の手を太ももの上から外すと、
見事にだらリンこ・・・
と下に向かう場所に外れていたらOK。

これが大きな左スウェイ感覚

反対に、体重を右足におき、
右手を下ろしながら、左手を上げていく。
左ひざが立ち上がってきて、
右ひざは反対に下に向かうのを感じる。
結果、右足は足首・ひざが曲がる。

これは大きな右スウェイ感覚



「片方のヒザが立ち上がって
もう一方のヒザが下りていく時、
骨盤の中もギューッって動いているのがわかるかしら?

それが、

腸骨筋が動いている感覚よ。

股関節も一緒に動いてくるでしょう?
これは、腸骨筋のくっついている“腸骨”が、
股関節に引っ付いているからよ。
この辺の骨盤に関する話も重要だけど、
それはまたオイオイ取り上げていくわね」

「スウェイが出来上がった時点でホールドをしてみて。
大腰筋と連動して肩甲骨辺りの筋肉、
菱形筋が動いて、
立体的なホールドになっているはずね(第62話)
さぁ、ここまでできるようになったら、
今度はより実践的にワルツの中でやってみるわよ。
しかも

“プラクティス・ウインナ・ワルツ”

でね」(第174話)

 

      続く 第185話へ



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。