目次へ

エクササイズ&プラクティス集へ




巻頭コラム

「ダンス姿勢」について考える 

NO.2


頚椎(けいつい)から見る“頭を高く”
~後編~


特にダンス用ということではなくとも、
頭はスーッと高いところにあるほうが良い。
何のためにって!?
そりゃぁ、カラダのため

・・・ソウ 健康 のためでしょ! 

その点をまず、ハッキリ押さえておかなきゃね。
つまりは何が何でも、チカラづくで、
頭を上へとグイーンと
引っ張り上げるということでは決してなく、
頭蓋骨(ずがいこつ)と第1・2頚椎(けいつい)の

“関係”を見直し、

本来のベストな状態にする。(第158話)
そうすれば、

頭を健康的な状態での

高い位置に置いておける


ようになるんだ。
で、それはイコール、
ルックス・グッドな
“ダンス姿勢”へのナチュラルな門出
を意味するんだよ。

具体的には、
第1頚椎環椎(かんつい)の上に、
頭蓋骨がカポンと乗り、
第2頚椎軸椎(じくつい)を回転の軸として、
左右にクルクルすべるようにスムーズに回る状態のこと、
コレをまずは“いの一番”に目指さなければならない・・・
って、え? 
目指さなければならないってことは、
ソウなっていないの?

YES! 
実は現代人のほとんどが、
頭が正しく“わっか”の上に乗っかっていない。
そして第2頚椎の回転軸がスムーズに回らない。

はぁ? 
回らなくはないよ、
ちゃんと、首、回るけど・・・

そう、ソレがダメなのよ、
必要以上に首を回してしまうところが、NGなんだ。
んん?意味がわからないって?
じゃぁ、説明しよう。
とある、運動能力開発研究の専門家が言うに、

「現代人は、頭蓋骨と頚椎の接合部分である

関節=後頭環椎軸椎関節
(こうとう・かんつい・じくつい・かんせつ)

の周りの筋肉が硬くなって、
関節がほとんど機能していない状態だ。
コレは、目と頭を使う頻度が多くストレスも高いせい。
しかし、関節が機能していないと認識するもことなく、
そのような状態を“普通”だと思っている人が非常に多い。
コレこそが大問題だ」

あらら!?
なんだか大変そうな話だけれど、意味、わかります?
早い話が、
頭蓋骨と頚椎の間にある関節が、
カチンカチンに固まってグチャッとつぶれた状態

ってわけ。

カラダの一番上についている頭部は、
意外や重いのはご存知でしょ?
大人で約5キロ以上もの重みとか!
そんなものが頚椎の上に乗っかっていて、
どこにも頼るところがない状態。
そのために、不安定になったら、
すぐに首と一体化して安心を得ようとしがみついてくるという
・・・こりゃぁたまったもんじゃぁない!

そんな調子だと、環椎と椎軸の間に
回旋(かいせん=まわる)運動が起こらないので、

“頭”を回すことができない、

だから、

“首”を回さなければいけなくなる。

で、必要以上に首をひねる必要が出てきて、
そうすることによって、
また新たな緊張を首や肩に強いることになり、
さらに関節は回りにくい状態に
・・・という悪循環になっていくという話だ。

じゃぁ、後頭環椎軸椎関節がチャンと機能する感覚って
ドンなんかをもう一度まとめてみよう
「第1頚椎の上を、頭蓋骨がスムーズにすべる操作感覚」
であり、
「第2頸椎の回転軸に沿って回る感覚」
であり、 
ソレは、私たちダンサーが目指す

頭がカラダの一番上、

高いところにスッと存在する感覚
である・・・


さて、後頭環椎軸椎関節がチャンと機能するための

エクササイズだ。

名づけて、上部首回し
普通、なにげなーく首を回すと、
第3~4頚椎を回していることになる。
さらに上部の、第1~2頚椎辺りを回すには
ちょっとしたコツがいるんだ。

1.アゴと、頭のてっぺん(頭頂部)を
イメージの線で結び、対角に感じる。

2.“鼻先”を支点にする。

コノ2点を常に意識しながら。
左に傾けたり、右に傾けたり、
前に傾けたり、後ろに傾けたり、
鼻先を回したり・・・
すると、ジョリジョリ・・と音がしてくるはず
コレは後頭環椎軸椎関節のこわばりが取れ、
ユルんでいく音だ。
頭がスーッと軽くなる実感が得られるだろう。


あ、それから、この関節がユルんで

カラダの軸感覚まで変化がある頃には、

スピンする際のいわゆる

“ネックターン”も習得できちゃうかも・・・

お楽しみに!



      続く 第160話へ



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)