--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次へ



ジュンコ先生、ホールドのレッスン中・・・
「では、他に質問のある人いないかしら?」

数人の手がパラパラとあがり・・・。


・・・とその前に、ちょっと時間を進ませて、
こんな和夫と真理の会話を聞いてみよう。



「昨日のジュンコ先生のレッスン聞いていて、
オレ、すごいことヒラメイタんだ。
今から、試してみたいんだけど、いいかな?」


和夫はなんだかイキイキしている。


「ねぇねぇ、仕事中、ホールドのことバッカ考えてんじゃないの!?
ホラ、カズにダンスを勧めてくれたッテいう同僚の男性に、
『ちょっと組んでみてくれよ』って頼んでたりして。
わー気持ちワル~」


ソウいう真理だって、最近は頭の中はダンス一色だ。
でも、本気でうまくなりたい!
って思うようになれたのは、カズと組んでからだった。

和夫 176センチ
真理 164センチ
カップル・バランスはGOODだもの。
二人で協力し合えば、
ホールドだって素晴らし―ものができ上がるハズなのだ。


「なぁ、ちょっとホールドに入って」

見ると、鏡の前で和夫が両手を広げるようにして、
真理が用意できるのを待っている。
その足元には、
ジュンコ先生からもらったホールドの作り方のプリント (第68話)
そこにはいっぱいは何かしらいっぱい書き込みが。
その中には、和夫自身の“ひらめき”をメモったものもあるようだ。


真理は、一応プリントどおりの順番を思い出しながら、
和夫のホールドにはいった。


と、すぐに、



アレ!?なんか違うわ」


感激の声を上げる、真理。



「ナ!?組みやすいだろ!?」



すごいシックリくるぅ~!

「ねぇ教えてよ、何が一体がひらめいたのぉ?」



「ヒントは導線さ」



「ドウセン?」



「先生が、足はただ単に、
床からの反作用をカラダの中に伝える“導線”に過ぎない

っていっただろ?

あ、ソレじゃ、手や、腕もそうなんだろうなってピーンときたわけ。
手や腕も、オレのカラダの中のエネルギーを、

一緒に組んでる真理ちゃんのカラダの中に伝える導線に過ぎない・・・」



カズ、すごい!かっこいい」



「ちょっと、まだあるんだよ。
だから、相手と組む時は手や腕のリキミを抜いたほうがイイ、
力は入れない・・・ここまではわかったんだ。

でもな・・」



「でも、なに?」



「それじゃ、手が上がらないんだよ、力を抜いちゃったら。
足は、力を抜いたって、
まぁカラダからブラ下がっているからものだからいいんだけど、
手は、力を抜いたまま下にブラーンとしたままだとダメだろ。
上がらなきゃホールドにならない・・・」

楽しそうに話す、和夫。
聞いている真理まで、なんだかうれしくなってくる。



「で、オレ、もう一度プリントを見直してて、
自分のメモを見てハッとしたんだ。
オレの質問した② (第68話)(第69話)が、
ホールドをつくるための“隠れキーマン”だって、
先生が言った意味がわかったんだ」

和夫はプリント取り出した。
そこには、走り書きした文字がびっしり。



「ワッ!ナニ書いてあるのかわからないくらい、キレイな字ね」



「そうだろ(笑)オレしか読めないんだ。
自分の重みを利用して床からパワーを頂く、
それを、ホールドなり動きなりのエネルギーへと変換して使っていく

これのイメトレをしてみたんだよ」


イメージ・トレーニング?


「そう。手順はコウさ。(以下、メモ書きの内容を指さしながら)


プラクティス

自分のカラダの重みが床にまっすぐに下りていくイメージを持つ。
このとき、壁を手で押したような(第69話)パワーが、
お腹の中に上がってくるのを感じる。

そのパワーをエネルギーに変換させつつ、背筋辺りをそって上昇させる。
イメージするのはスパイラル曲線
つまりウズ状のエネルギーだ。

肩甲骨の辺りで、3方向に枝分かれさせ、エネルギーを伝えていく。
3方向とは、 1.首・頭の方  2.右腕・手の方  3.左腕・手の方。

②~③まで完了しても、①は絶えずやり続ける。
つまり、自分の重みを利用して床を押し続け、
そこからの反作用パワーをもらい続ける・・・ココがポイント 

すると、ほとんど手や腕の力がなくて、
ホールドの手をあげられるようになったんだ。

つまり、

イメージでエネルギーを動かしたってわけ。

で、真理ちゃんの所まで、
オレの重みから生まれた床からのパワーを送り届けて、
真理ちゃん感激!(笑)
これって正解だと思うんだけどなぁ。
今度、ジュンコ先生にもチェックしてもらおう」

和夫はここまで一気にしゃべり、満足そうな顔をして、
ペットボトルから水を飲んだ。


その様子をずっと見ていて、
真理、心の中でこう思っていた。


カズと組んだのは“当たり”だったみたい。
絶対、この人うまくなるわ
・・・


で、


「ねぇ、それって女性もかな?
私も “地球パワー体内循環作戦”できるかしら?」


「何、それ?(笑)さすがコピーライター! 
真理ちゃんもそうやってくれたら、
二人でホールドを通してエネルギーのあげっこができるんだよ、きっと。
な、試してみよう!」

二人は立ちあがって、ホールド練習を開始した。



      続く 第71話へ



いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
   
人気blogランキングへ
とても励みになっています。(ジュンコ)







スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。