--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次へ




「ジュンコさんもようやく、
一段レベルアップした自分に向かう決心がついたようね」

ジュンコ先生はそう切り出した。


「ダンスが今よりさらに上手くなるためには、

①自分の直すべき点が何であるのかが明確になること 
②それを受け入れる覚悟ができること


この2つがそろうと、人は本当に変わり始めるわ」


「ジュンコさんの場合は、全く一人で踊っていた自分、
すなわち低いレベルでの『自立』のレベルから、
二人で踊ることを視野に入れた、
高いレベルでの『自立』に向かって歩きはじめたようね」


「ダンスのこういう、
パートナーシップにかかわる部分って難しいですよね。


「そうね。ダンスはパートナーシップの問題と、
テクニックの問題が絡まり合っているからね。
ずっと、一人でしっかり踊れるテクニックのみを追求していても、
『勝手に踊る』なんて言われてしまう時期がやってくる。
でも、それで競技会で成績を上げていたり、
見栄えが良かったりしたら、
そんな『一人踊り』を別段悪いこととも気がつかず、
長ーい間やっちゃってることって多いのよね。
でも、さらに上のレベルを目指すのは、
『自分は変だ』ってことに気付いて、
事実を受け入れなければならないから、それが結構きついわね」


「その反対のケースも良くありそうですよね。
自立できないタイプというか・・・。


「そうなの。
例えば女性だと、男性のリードではすごく上手に踊れるけれど、
自発的には踊れない。
男性だと、女性と組んだら踊れるけれど、
シャドウが全くできない、とかね。
こういうケースは、パーティとかで踊る際には、
相手の人から『踊りやすいですね』って好まれることが多いから、
自分でも『良いんだ』って思っちゃうことも多くて、
これはこれで変わりにくいの。
でも、
『もっと上のレベルを目指すのはこのままではいけない!!』
って本人がいつ気付き、変わろうって心底思えるか、なのよね」


フンフン、よくわかる話だな。

一人踊りの「低レベル自立型」 

あなたまかせの「依存型」


これではいけない!と、気がついたとしよう。
変わる覚悟もできた。
で、次は?


「何をするかって前に、
まず、とっても大切なことがあるわ、それはね・・・」

                                

      続く 第41話へ


いつも 応援クリック ありがとうございます。
      ↓ ↓ ↓
ダンスblogランキング参加中


とても励みになっています。(ジュンコ)








スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。